• HOME
  • 解決事例
  • 女性(51歳)・後遺障害等級非該当:兼業主婦の休業損害

No.185


依頼者:女性
等  級:非該当
傷病名:頚椎捻挫,腰椎打撲
職業:兼業主婦

 


【事故態様】  自動車VS自動車

 停車中に普通自動車に追突された事例

【相談に至るまでの経緯】
 
治療期間について保険会社と揉めていたため,ご相談に来られました。
      ↓
 
 交渉の結果…

 医師の意見を聞きながら,妥当な時期まで治療期間をみてもらうとともに,裁判基準での適切な賠償額を獲得できました。
  
   

■今回の解決事例のポイント■

 定職に就いているため,休業損害証明書上の損害しか払わないという姿勢でしたが,主婦休損が発生していたことを主張し,適正な休業損害が獲得できました。
 
※実況見分調書とは・・・ 
実況見分調書とは、警察が作成する文書で、事故発生と実況見分を行った日時、事故当事者などの立会人氏名や供述の内容など、事故の発生状況が見取り図や写真付きで詳しく記載されています。
 
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト