東大阪・奈良 交通事故・後遺障害 無料相談

メニュー

HOME

#無料相談予約 0120-115-456

お客様の声9

須藤政彦さん(仮名、40代) 提示された示談金額が不当に低かったが、大幅に増額した事例

 40代の男性が事故に遭われてしまった事案です。
 須藤様は、正社員として会社にお勤めになっておられ、定年まで勤務されるご予定でした。
にも関わらず、逸失利益の算定期間が、43歳(仮)~48歳(仮)までされており極めて不十分な期間しか考慮されておりませんでした。その結果、保険会社から提示された示談金額は、不当に低い金額となっておりました。
 逸失利益の算定期間が非常に短いと考えた当事務所弁護士は、須藤様の定年年齢までを考慮に入れて、慰謝料額を再度算定しなおしてもらえるよう、保険会社と粘り強く交渉を行いました。
 その結果、
逸失利益の算定期間を定年まで延長していただくことができ、示談金額を約2倍に増額していただくことが出来ました。

 

須藤様からのお便りです

1、当事務所にご相談いただけた理由を教えて下さい。

ホームページで自分の直感や、初回の相談でお願いしたいと思いました。


2、相談後の感想をお聞かせください。

すぐ決定(お願い)したいと思いました。        



3、事件を依頼した感想をお聞かせ下さい。

何ヶ月かかるか不安でしたが月ごとに生活費を入れてくれて本当に助かりました。


4、事件終了にあたって、一言お願いします。

ここまで増額できるとは思っておりませんでした。ありがとうございました。


 


 

 

メニュー