東大阪・奈良 交通事故・後遺障害 無料相談

メニュー

HOME

#無料相談予約 0120-115-456

お客様の声

当事務所にご相談いただき、解決に導いたお客様からの感謝の声です。 その一部をご紹介させていただきます。


お客様の声1:早期に解決!慰謝料が2倍に増えた事例

お客様の声2:弊事務所の業務に安心いただけた事例

お客様の声3:通院日数を争い、慰謝料が1.84倍に増えた事例

お客様の声4:慰謝料と過失割合が争点となった事例

お客様の声5:症状固定時の延期と整骨院への治療費が損害と認められた事例

お客様の声6:後遺障害等級認定がなく、セカンドオピニオンを利用した事例
  
お客様の声7:会社役員の休業損害(実収入の減額はなし)が主婦の基準で支払われた事例
  
お客様の声8:相手方が任意保険に加入しておらず、直接慰謝料を請求することに成功した事例
  
お客様の声9:逸失利益が期間延長され、慰謝料が2倍支払われた事例
  
お客様の声10:後遺障害を弁護士が申請の結果、後遺障害が認定された事例

お客様の声11:事故後早めにご依頼いただき、無事後遺障害12級が認定された事例
  
お客様の声12:保険会社の提示額より大幅に慰謝料増額ができた事例
  
お客様の声13:後遺障害認定(12級13号)後に依頼し、慰謝料が大幅に増額できた事例
  
お客様の声14:保険会社の対応に行き詰まり、ご依頼後早期解決に至った事例
  
お客様の声15:後遺障害併合3級認定により、慰謝料が大幅に増額できた事例
  
お客様の声16:後遺障害は認定されなかったが要望に近い慰謝料が支払われた事例
  
お客様の声17:後遺障害14級認定後ご依頼いただき、裁判基準の慰謝料に満額できた事例
  
お客様の声18:ヘルニアが既往症ではないことを立証し、後遺障害14級が認定された事例
  
お客様の声19:1つ目の事故の治療中に2つ目の事故に遭い、ご依頼いただき、2つの事故の交渉をし、後遺障害14級が認定された事例
  
お客様の声20:症状固定を言われご依頼いただき、通院期間を延長、後遺障害14級が認定された事例
  
お客様の声21:弁護士特約を遣いご依頼を頂き、示談交渉・訴訟まで行い後納得いただいた事例
  
お客様の声22:依頼者様にも過失がみられ、過失割合が争点となった事例
  
お客様の声23:事故直後にご依頼いただき、治療に専念いただけた事例
  
お客様の声24:保険会社の示談金の提示をだとうかご質問いただいたところから、結果的に慰謝料が1.5倍になった事例
  
お客様の声25:示談直後にご依頼いただき、後遺障害非該当、治療に専念いただけた事例
  
お客様の声26:示談金の提示が妥当かご質問いただいたところから、後遺障害はないが慰謝料が増額した事例
  
お客様の声27:加害者と保険会社の対応に納得いかずご依頼頂き、訴訟をすることにより解決した事例
  
お客様の声28:後遺障害は認定されなかったが、裁判基準による慰謝料を受け取ることができた事例
  
お客様の声29:後遺障害認定後、慰謝料が約2倍に増額した事例
  
お客様の声30:弁護士特約でご依頼頂き、相手方の過失割合が増えた事例
  
お客様の声31:逸失利益について認められなかったためご相談頂き、結果として逸失利益が認められ金額が115万円増額した事例
  
お客様の声32:妊娠中の事故での不安を和らげるお手伝いができた事例
  
お客様の声33:通院中に適切なアドバイスができたことで妥当な後遺障害等級の認定を受けることができた事例
  
お客様の声34:賠償額が大幅アップした事例
  
お客様の声35:電話対応についてご満足いただけた事例

  
お客様の声36:納得のいく解決にご満足いただけた事例
  
お客様の声37:早期解決ができた事例

  
お客様の声38:相手方との交渉にご満足いただけた事例

  
お客様の声39:相手方との交渉がスムーズにすすんでご満足いただけた事例

  
お客様の声40:ご依頼から1ヶ月弱で解決できた事例

  
お客様の声41:失業中の事故で逸失利益が争いとなった事例

  
お客様の声42:事故後の治療方針でご相談いただいた事例

お客様の声43:事業を始められてすぐに事故に遭われた事例

お客様の声44:少ない通院日数での交渉の事例

お客様の声45:以前の事故と今回の事故の傷の区別がつかず物損の対応ができないと言われた事例

お客様の声46:男性(30歳)・後遺障害等級認定なし:通院日数が少なく、速度制限違反もあった場合の事例

お客様の声47:女性(21歳)・後遺障害等級認定なし:以前にも交通事故でご相談頂いたことがある場合の事例

お客様の声48:男性(55歳)・後遺障害等級認定なし:ご依頼頂いてから3日の交渉で示談できた場合の事例

お客様の声49:男性(43歳)・後遺障害等級認定非該当:当初は認められなかった物損の賠償が、認められた場合の事例

お客様の声50:女性(58歳)・後遺障害等級認定非該当:主婦の休業損害を請求した場合の事例

お客様の声51:女性(29歳)・後遺障害等級認定非該当:事故当時無職で休業損害の交渉をした場合の事例

お客様の声52:男性(46歳)・後遺障害等級認定14級:自営業で休業日数の立証が困難な場合の事例

お客様の声53:女性(51歳)・後遺障害等級認定14級:保険会社から治療費の支払いを打ち切られそうになった場合の事例

お客様の声54:女性(42歳)・後遺障害等級認定14級:パートの休業損害が認められなかった場合の事例

お客様の声55:女性(29歳)・後遺障害等級認定14級:休業損害・物損において当初認められなかった部分が交渉で認められた場合の事例

お客様の声56:男性(38歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、物損について相手方に全損扱いの金額を出されていた事例

お客様の声57:男性(26歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、相手方保険会社から治療費の打ち切りを迫られた事例

お客様の声58:女性(18歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、相手方保険会社の提示金額に納得がいかなかった事例

お客様の声59:男性(45歳)・後遺障害等級認定非該当:過失割合について納得できず、ご相談に来られた事例

お客様の声60:男性(49歳)・後遺障害等級認定非該当:整骨院へ通うことの交渉が成功した事例

お客様の声61:男性(44歳)・後遺障害等級認定14級:物損について経済的全損以上の賠償額を獲得した事例

お客様の声62:男性(31歳)・後遺障害等級認定なし:弁護士特約が使用できるか交渉した事例

お客様の声63:男性(52歳)・後遺障害等級認定なし:むちうちの痛みが残っているにも関わらず保険会社から治療費を打ち切ると言われたした場合の事例

お客様の声65:男性(49歳)・後遺障害等級認定なし:駐車場から前方不注意で飛び出してきた車と接触した事例

お客様の声66:女性(40歳)・後遺障害等級認定なし:主婦の休業損害について、家事への影響度を加味して交渉した事例

お客様の声67:女性(56歳)・裁判基準の満額に近い金額で、示談による早期解決が成立した事例

お客様の声68:男性(60歳)・自営業者(建設業)の休業損害について適切な額を獲得した事例

お客様の声69:女性(59歳)・後遺障害として肩関節の可動域制限が認められた事例

お客様の声70:男性(56歳)・後遺障害等級14級:後遺障害等級14級の事案で、弁護士介入により賠償額が2倍以上になった事案

メニュー