東大阪・奈良 交通事故・後遺障害 無料相談

メニュー

HOME

#無料相談予約 0120-115-456

解決事例43

No.43

依頼者:40代男性
等  級:併合14級 肋骨骨折、頸椎捻挫、腰部捻挫
ご依頼内容:保険会社との交渉


 
【事故態様】 自転車VS自動車
 相談者が自転車走行中、交差点において、交差道路から進行してきた四輪車と衝突して自転車ごと転倒しました。
 本件は、相談者にも過失が認められる事案であったため、相談者は保険会社との交渉を依頼されました。


 
【交渉過程】
弁護士が相談者の症状固定まで、治療方針等に関する助言を行いました。
そして、後遺障害申請を行った結果、併合14級との結果が出ました。
その後、相手方と交渉を行い、最終的な解決金額は、自賠責保険からの後遺障害分(75万円)を含めて、212万4658円となりました。
 

 

■今回の解決事例のポイント

今回のポイントとしては、交差点における交通事故であったため、過失割合の交渉が大きな問題になりました。
依頼者が早期解決を希望したため、当方と相手方が主張していた割合の間を取る形で提案したところ、相手方も受諾したため、スムーズに解決することができました!!!
出来る限りご依頼者様のご希望に添えるよう、努めます。
ご自身にも過失がある場合どうすれば良いのかわかりませんよね…そんなときはまず弁護士の先生にお話しだけでもしてみてはいかがでしょうか?

メニュー