東大阪・奈良 交通事故・後遺障害 無料相談

メニュー

HOME

#無料相談予約 0120-115-456

解決事例40

No.40

依頼者:ご夫婦50代男性・50代女性
ご依頼内容:保険会社との示談交渉

 
【事故態様】 自動車VS自動車
相談者が、自動車を運転中、後方から自動車に追突されました。
事故後、依頼者様は頚部痛等が生じ、通院をしていましたが、加害者側の保険会社の担当者が弁護士となり、3ヶ月で治療を打ち切ると通達してきたため、相談にお越しになりました。
 
【交渉過程】
弊事務所にご依頼頂いた後、ご夫婦共に健康保険を使って通院を継続していただき、6ヶ月経過した時点で後遺障害の申請をしました。
ご主人様は後遺障害等級14級9号が認められ、奥様は非該当となりました。
ご主人様は後遺障害を前提に示談交渉をした結果、合計約250万円の示談金(休業損害なし)を受け取ることができました。
奥様は、後遺障害認定は非該当ではありましたが、示談交渉の結果、慰謝料と休業損害を合わせて合計150万円を獲得しました。

 

■今回の解決事例のポイント

今回のポイントとしては、加害者側から治療を打ち切られたとしても、健康保険を使って治療して頂き、後日加害者に請求することができるということを把握した上で適切に動けたのが良い結果に繋がりました!

治療中にもかかわらず、急に治療を打ち切られるとなると大変困りますよね…
そのような時は、すぐにでもご相談ください!!
何か少しでも力になることができるかもしれません。

メニュー