東大阪・奈良 交通事故・後遺障害 無料相談

メニュー

HOME

#無料相談予約 0120-115-456

解決事例16

No.16

依頼者:男性(症状固定時 50歳)
等  級:14級9号
傷病名:頸椎捻挫


【事故態様】 自動車VS自動車

相談者=自動車、加害者=自動車の事故です。

相談者が赤信号で停車していたところ、後ろから加害者が衝突してきました。
この事故の影響で、相談者はムチウチになってしまいましたが、被害者は特殊な専門職についており、仕事が非常に忙しいために、保険会社と十分な話を持つことができていませんでした。
ただ、保険会社からの提案は、裁判をした場合の金額よりもかなり低いと聞いていたため、当事務所に相談に来られました。



【交渉過程】
相談者の怪我の状況を伺うと、自覚症状はそれほど大きくはなかったものの、お仕事に影響を及ぼしていたため、その影響を正く反映した等級を得ることが必要だと感じました。
  ↓
そこで診断書等に加え、通院実績が相当に積み上がっていたことに着目し、資料を収集して被害者請求を行いました。
その結果14級9号が認定されました。
この認定をもって保険会社と交渉しました。
  ↓
交渉の結果、逸失利益が認められ、約560万円の支払いで和解することができました。


 

■今回の解決事例のポイント■

弁護士が本件で感じた点、保険会社の提示金額を見て特に感じた点は以下のとおりです。
●通院実績を適切に評価してもらえたこと
 自覚症状は後遺障害等級認定においては重要な点です。しかし、数字で見えるものではなく、適切に医師にお伝えできるか、聞いた医師が適切な診断書を作成するかしなければ、適切な評価を受けることが難しくなります。
 今回も、通院実績という目に見える数字を示すと言う方法を採用して、相談者に適切な認定を受けていただくことが出来ました。

●休業損害はないが、逸失利益を得られたこと
 相談者は、お仕事が特殊な内容であり、誰かに代わってもらう事が困難なため、お仕事を休めずにいました。そのため、休業がなく、休業損害が生じなかったのですが、影響がないわけではないため、逸失利益として適切な額を評価してもらいました。
 相談者の収入が多いこともあり、同様の事例に比べて、今回は多額の損害賠償金額となりました。

メニュー