東大阪・奈良 交通事故・後遺障害 無料相談

メニュー

HOME

#無料相談予約 0120-115-456

解決事例7

NO.7

依頼者:男性(事故当時46歳)
等級:後遺障害14級9号
傷病名:頚椎捻挫、左肩挫傷、左背部打撲

 
前方車両から落下物があり、それを避けるため急ブレーキを踏んだところ後続車に追突されてしまった。
 
保険会社とご本人の交渉では提示額は185万円止まり
そこで弁護士に相談・依頼されました。
弁護士が交渉
示談交渉の結果、300万円で和解
 

今回の解決事例のポイント

弁護士が保険会社の提示金額を見て特に感じた点は以下のとおりです。
●相談者が休職中であったこと
事故当時被害者は休職中であって、収入をどのように考えるのか(前職を基準とするのか、収入なしとされてしまうのか)が問題となりました。収入は休業損害、逸失利益の算定基準の前提となり、損害額に大きな影響を及ぼします。
 本件では、前職の収入を基準とすることを強く訴え、逸失利益の部分で前職の収入を基礎とすることができました。また、それに加えて、入通院慰謝料も増加させることができ、ご本人が交渉していたときよりも115万円増の賠償金を受け取っていただくことになりました。

 

メニュー