現在治療中の方 ー治療後のためにいま考えておくことー

1 適切な治療の継続

①治療の継続

 治療中の方は、まずは治療を継続してください。被害者の方で特に多く見受けられるのが頸椎(腰椎)捻挫で首や腰が痛いけれど職場に迷惑を掛けたくないので会社を休んでいませんという方です。確かに、会社内の立場や人間関係もあるかと存じますが事故後にきっちり治療しないと時間経過では自然治癒しないということもあります。今後の職業生活を考えるとまずは元通りの身体に治すことを最優先してください。そして、休業により減収になった分については休業損害請求により損害回復が可能です。「お金は後から回復できるが、体は今治療しないと回復できないこともある!」ということを肝に銘じてください!

②適切な検査

 賠償額を左右する後遺障害等級認定(※)には適切な検査を受けることが必要です。 とはいうものの、自分の障害がどのような等級になり、その等級を獲得するにはどのような検査をすればよいのかが分からないという方がほとんどだと思います。 そのような場合には弊事務所にて後遺障害の見立てを立てて、必要な検査を指示いたしますので是非一度ご相談ください。

 

※後遺障害とは、交通事故による負傷が完治せず、治療を続けてもそれ以上状態の改善が見込まれない状態になってしまった症状のことをいいます。損害賠償において、各人の後遺障害について実際の損害を個別に認定するのは困難であるため、症状の程度ごとに等級を設けて、損害の算定基準としています。

この後遺障害等級は,自動車損害賠償保障法施行令の別表(第一および第二)において定められており、重い方から1級~14級の等級を定めています。この別表に基づき,個別の事故について,どの等級に当てはまるのかを,「損害保険料率算出団体に関する法律」により設立された損害保険料率算出機構が認定することになります。


 

③整骨院・接骨院の利用

 医師の診断部位以外の治療費について、保険会社は治療費として負担しようとしません。上記のように痛みがある部分については全て画像をとって診断して貰ってください。
 そのうえで、痛みがある部分の整骨院・接骨院での施術について医師の指示・同意を貰うようにしましょう。

 

2 保険会社の対応について

 事故に遭われた場合、相手方保険会社への対応をしなくてはなりません。保険会社はプロであり、その言い分を鵜呑みにして簡単に応じてしまうと後々取り返しがつかないことになってしまいます。治療についても、保険会社は治療費の支払いを抑えようとして、治療費支払いの打ち切りを示唆してくることがあります。
 例えば、保険会社は軽度のむち打ち症状であれば2,3ヶ月か遅くとも5,6ヶ月では治療費の打ち切りを宣告してきます。保険会社は「担当主治医が軽快していると言っている」など信憑性がないことを平気で言ってきます。事故経験がある方もまれですし、一般の方が保険会社からこのようなことを言われては、反論は難しいので「そうですか・・・」と治療を断念させられてしまいます。
 弊事務所では被害者の診療記録を取り寄せ、治療経過を調査の上、症状固定の根拠の有無について反論します。是非、打ち切り示唆を受けた場合には弊事務所にご相談ください。

 

3 休業損害について

 先述しましたが、事故に遭ったら身体の回復が何よりも優先です。休業してでも病院に行きましょう。そして、休業した分の損失は休業損害の賠償請求で取り返しましょう。
 お金は戻っても身体が元に戻らないという状態が一番良くないです。しっかり体を治しましょう!!


 

交通事故後の状況別 対応方法

交通事故にあった直後の方 ーまず、どうすればよいのかー

現在治療中の方 ー治療後のためにいま考えておくことー

治療の終了(症状固定、治療費打切り) ーこのとき気を付けることー

後遺障害の認定、示談交渉に入った方 ーよりよい権利実現のためにー

 


ImgTop19.jpg

東大阪交通事故・後遺障害無料相談室

弁護士紹介


事務所紹介


事務所の特徴

弁護士費用


無料相談


アクセス


布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト