• HOME
  • バイクでの交通事故解決事例

バイクでの交通事故解決事例

■ No.9 男性(37歳)・後遺障害等級12級13号:会社役員の逸失利益が認められた事例 

 

■ No.11 女性(28歳)・後遺障害等級9級10号(高次脳機能障害)、12級14号(外貌醜状):加害者の悪質さと怪我の大きさが慰謝料等に考慮された事例 

■ No.12 男性(36歳)・後遺障害等級13級:内臓摘出という大けがに対する評価を改めさせた事例 

■ No.15 男性(34歳):MCL損傷につき12級13号の等級認定を得られた事例

■ No.17  女性(54歳)・後遺障害等級併合10級:保険会社の信義に反する主張と闘った事例

■ No.28 女性(25歳)・後遺障害等級なし:治療期間の延長及び慰謝料の増額が認められた事例

■ No.29 男性(30歳)・後遺障害等級12級5号:最適な等級認定獲得及び過失割合を争い交渉に成功した事例

■ No.34 女性(26歳)・弁護士特約を利用し、既払い額に上乗せして裁判基準額で示談した事例

■ NO.39男性(60歳)後遺障害等級認定14級9号:保険会社に不足分を請求し、充実した賠償金を得た事例

■ No.41女性(30歳)後遺障害の申請をせず希望通り早期解決し、裁判基準の慰謝料を得られた事例

■ No.42男性(26歳)後遺障害非該当だったのを後遺障害併合11級との認定に覆し、和解金が約24倍になった事例

■ No.44男性(66歳)後遺障害認定はとれなかったが、通常より多額の慰謝料を獲得できた事例

■ No.46 男性(37歳)・後遺障害等級認定なし:過失割合に争いがあった事例

■ No.48 男性(66歳)・後遺障害等級認定なし:医学的見地から通常より多額の慰謝料を得た事例

■ No.51 男性(45歳)・後遺障害等級14級9号:粘り強く交渉した結果裁判基準の慰謝料と逸失利益を獲得できた事例

■ No.59 男性(21歳)・後遺障害等級認定14級9号:刑事記録などをもとにして有利な交渉ができた事例

■ No.60 男性(42歳)・後遺障害等級認定併合14級:弁護士が介入することで裁判基準の慰謝料が獲得できた事例

■ No.64 男性(36歳)・後遺障害等級認定14級:裁判基準での慰謝料・逸失利益が認められ保険会社提示額から約120万円増額した事例

■ No.78 男性(43歳)・後遺障害等級認定非該当:当初は認められなかった物損の賠償が、認められた場合の事例

■ No.85 男性(19歳)・後遺障害等級認定非該当:落下物回避のため転倒した場合の事例

■ No.90 男性(59歳)・後遺障害等級認定非該当:代車費用が認められなかった場合の事例

■ No.95 男性(38歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、弁護士特約を利用できないと言われた場合の事例

■ No.99 男性(26歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、相手方保険会社から治療費の打ち切りを迫られた事例

 

その他の解決事例はこちらをご覧ください。

等級で検索する

  • 1~5級
  • 6~8級
  • 9級
  • 10級
  • 11級
  • 12級
  • 13級
  • 14級
  • 認定なし

あなたの事故時の状況で検索する

  • 自動車
  • バイク
  • 自転車
  • 歩行者

事故態様で検索する

  • 正面衝突
  • 出会い頭衝突
  • 追突
  • 接触
  • 右折車と直進車との事故
  • 左折車と直進車との事故

被害者の属性で検索する

  • 会社員(公務員)
  • 会社役員
  • 自営業
  • アルバイト
  • 専業主婦
  • 兼業主婦
  • 無 職
  • 学生・幼児

解決手段で検索する

  • 被害者請求
  • 異議申立
  • 訴訟
  • 紛争処理センター
  • 自賠責紛争処理機構

ImgTop19.jpg
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707 交通事故による骨折について 2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png

Contents Menu

200jikoask.png