• HOME
  • 後遺障害関係の費目
交通事故というのは、人が望みもしないのに起こってしまうものです。これは外に出れば誰しもが遭ってしまう可能があると言え、最悪の場合は命さえも奪われてしまうこともあります。不幸中の幸いとはいえ、命が助かっても、その後に重い障害が残ってしまうということもあります。ここでは、もしも、交通事故の被害に遭われて、重い障害が残った場合に、どのような費目を請求できるのか、簡単にまとめたいと思います。
まずは事故に遭われて、怪我、もしくは入院をされた時の費用です。これは相手がそうさせたのですから、至極とうぜんのことです。次に後遺障害逸失金です。これは仮に後遺障害の影響で働けなくなった人が、将来、得たであろう利益をライプニッツ係数というものを用いて、算出される費目です。この他にも、成年後見申立費用や、将来の介護費用、将来の雑費・治療費・器具費などがあります。成年後見申立にはどうせ弁護士が必要になってくるので、もし、交通事故に遭われた場合は、症状の重い軽いに関係なしに、すぐにでも弁護士に相談するのが得策と言えます。また、加害者の中には過失責任というものをなかなか認めてはくれない人もいますので、そうした時に、弁護士というのは強い味方となってくれるでしょう。
 
交通事故というものは、自動車を運転していれば誰もが起こすのと、誰もが巻き込まれてしまうという可能性を秘めていて、車は走る凶器とさえ言われるものです。日頃から安全運転を心掛けていても、人間だれしもに過ちというのはつきものです。もし、人身事故などを起こしてしまった場合、どのような賠償の費目があるのでしょう。仮に相手に一生のこる、高次脳機能障害や、遷延性意識障害などの障害を負わせた場合などの費目に、どういったものがあるかというと、
・治療や入院などの費用
・後遺障害逸失金
・成年後見申立費用
・将来の介護費用
・将来の雑費・治療費・器具費
ざっと並べただけでも、これだけ賠償しなくてはなりません。この他にも相手の弁護士やこちらの弁護士の費用というものもかかるうえ、もしも飲酒運転や轢き逃げといった悪質なケースでは、弁護士がどれだけ頑張ってくれたところで、服役を免れることは難しいと言えます。これだけの費目となってしまうと、自賠責保険で賄うと言うのは限度額の関係から無理であると言え、そうなると一生背負うこととなる負債というものになります。なので交通事故の加害者になるということは、相手の将来を奪うだけではなく、こちらの将来というものも、自ら奪ってしまうものだと言えます。つまり、自動車を運転される方が、安全運転をされるというのは、ごくごく当然のことではないでしょうか。
 
交通事故というものは、だれもが願ってもいないタイミングで起こるものと言えます。これは自分に限らず、家族や友人の身に起こるというのも、同じくらいの可能性が孕んでます。幸いにも命を取りとめたとしても、その後にはどれだけリハビリに励んだとしても、重い障害というものが、拭っても拭えないのと同じように、残ってしまう場合というのもあります。では、高次脳機能障害や遷延性意識障害などが交通事故によって齎された場合、請求出来る費目というものに、どのようなものがあるのでしょう。まずは入院や怪我の治療費です。これは当然として、次に後遺障害逸失金です。これはライプニッツ係数というものを用いて、事故がなかったら、将来どれだけの利益を得られたかを算出して、請求します。その次に成年後見申立費用とがありますが、これをするには弁護士が必要になりますので、弁護士への相談というのは、この後の裁判のことも考えれば、「事故が起きたら直ちに弁護士へ相談」というように覚えておくといいです。それから、将来の介護費用、将来の雑費・治療費・器具などがあります。もし、こういったことを請求しなくてはならないという大きな交通事故となれば、弁護士の手配から、何からなにまで、ご家族が行うことになると思われますから、交通事故の被害には出来れば遭いたくないものです。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト