• HOME
  • 交通事故発生から解決までの流れ
交通事故は、ある日突然起こります。もし交通事故に遭ってしまったら、どのように対応すればいいのでしょうか。
交通事故に遭った場合、まず警察を呼びます。怪我人がいる場合は、救急車も合わせて呼ぶようにしましょう。現場にいる人で手分けをして、必要な所に電話をするようにします。また、警察が到着するまでに、事故の目撃者を捜して、証言の協力をしてもらえるかの確認もしておきましょう。
保険会社への連絡も早い方が望ましいです。保険会社へは、事故の状況と車の破損状況を伝えて、レッカーが必要なら頼んでおきます。警察による事故の状況確認が終了すると、現場から早く車を移動して欲しいと言われます。レッカーも忘れずに早めに手配する事が重要です。
自分は交通事故には遭わないと思っている人は意外に多く、自分の保険内容をきちんと理解していない人がいます。保険会社に電話をした時に、弁護士費用特約に加入しているかも確認しておきましょう。弁護士費用特約は今注目されている保険で、事故の相手が入っているのに、自分は入っていないとなると不安になります。事故の過失割合や示談で揉めたときにも使うことができるので、きちんと加入しているかを聞いておきましょう。
 
 
 
交通事故に遭った場合、警察や保険会社への連絡ばかりに気を取られがちになります。交通事故に遭ったばかりの時は、興奮や怒りの感情があり、なかなか冷静な判断をできないことが多くあります。しかし、気分を落ち着かせ、事故の相手と連絡先を交換しておきます。メモ用紙に連絡先を書いてもらった場合、間違えられたりする場合があるので、合わせて免許証も見せてもらって二重の確認をしておきましょう。また、ナンバープレートの確認、相手の保険会社の確認もしておきましょう。
事故の連絡等が落ち着いたら、当日か次の日には病院に受診しておくことが重要です。一見怪我もなく、自分でも痛みを感じることがないかもしれませんが、痛みは時間差で出てきます。病院へ行くときには、必ず保険会社にどの病院を受診するかを伝えておきましょう。この時に、これからの示談へ向けた流れなども確認しておくと良いかもしれません。弁護士費用特約に入っている場合は、示談までを弁護士に任せるかを確認される場合があるかもしれませんが、普通の交通事故の場合、弁護士を呼ばずに示談が成立する事が多いです。保険会社の担当者に任せておけば、示談までそれほど困ることはありません。
 
 
 
 
交通事故の示談は、車関係の示談と、病院受診の終了の示談とがあります。車は修理が出来るかどうかの確認をしてもらい、修理費が車の時価額を超えた場合は、全損となります。全損になると、車の買い替え費用や、相手の保険会社からいくら出るのかなど、確認する事が増えてきます。相手が100%過失がある場合でも、車を購入する場合は、負担金が出てきます。これは弁護士に相談したとしてもどうにもなりません。買い替え時期が早まったと思って、割り切るしかないのです。車は保険から下りてくる金額に納得し、サインをすると示談成立となります。
次に病院受診ですが、体に痛みがある場合は受診を続けましょう。今は、交通事故のむち打ちを得意とする整骨院も多くあるので、自分で病院を探して、しっかりと症状が治まるまで受診をしましょう。病院受診が終わると、その旨を保険会社に伝え、受診の回数などから示談金を計算してもらい、送られてくる書類にサインをし、示談となります。もし症状が良くならなかった場合は、受診開始から6か月で、症状固定になります。病院の先生に後遺症認定の書類を書いてもらう必要があります。
交通事故はいつ起こるかわかりません、示談がスムーズに成立しないケースも増えてきています。困ったときは、保険会社や、弁護士に相談するようにしましょう。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト