• HOME
  • 加害者への責任追及
1 交通事故加害者にかせられる刑事上の責任
 
  交通事故が発生し、警察による交通事故現場における実況見分及び関係者からの事情聴取等が終了し、交通事故の一連の処理が終了すると、事件は警察の 手を離れ検察官の手に移り、検察官が起訴、不起訴等の判断を実施し、交通事故の加害者には何らかの刑事罰が課せられます。
  刑事上の責任については、一般人にあってはどの程度の刑罰がふさわしいのかは判断がつきません。
  刑事罰の適応について不安があるのであれば法律の専門家である弁護士に相談するのが一番です。
  交通事故の刑罰の適用で一番問題になるのが不起訴処分の案件です。
  交通事故加害者に、過失が少なかったと認定され不起訴処分になる場合が散見されますが、後に警察の実況見分に不手際があったとして、捜査のやり直し が行われる場合もあります。交通事故の過失については非常に高度な専門的知識を有し、民間の交通事故鑑定を実施している機関に事故の鑑定を依頼する等 も有効な手段です。
  弁護士の専門的な知識から法の適用についても判断をしてもらい、誤った法律の適用をされないように自己防衛をはかるという観点からも、弁護士という 法律の専門家に刑事罰に関する適用の判断を依頼するのがベストです。
 
2 交通事故加害者に課せられる行政上の責任  
 
  交通事故の加害者に対しては、行政上の処分も課せられます。簡単にいうと運転免許の違反点数が累積されるということです。
  交通事故の被害者の怪我の治療に要する日数、つまり重傷事故か軽傷事故か等によって一定の基準で違反点数が加算され、怪我の程度がひどい交通事故の
 場合は、運転免許の停止や取り消しといった行政処分が課せられます。  
  この行政処分にあっては、交通事故の加害者側が納得がいかないという場合が生じます。
  そのような場合には、処分を実施した処分庁に不服申し立てを実施する道が残されていますが、この制度を利用する際には弁護士に依頼して教示をうける のが有効です。
  不服申し立てにも定められた形式があり、どのような理由で、どの部分に不服があるのか、そもそも不服申し立てが可能な案件なのかといった点について
 専門的知識を有する弁護士のアドバイスを受ければ、権利を有効に主張することが可能です。
  普段馴染みのない行政処分という面については、弁護士のアドバイスを受けて少しでも不利益処分を受けないように自己防衛することが重要です。
 
3 交通事故加害者に対する民事上の責任
 
  交通事故の処理過程において、最後に問題となるのが民事上の責任です。民事上の責任は簡単に言えば、損害賠償のお金にかかる話です。
  損害賠償に関する金額、事故の過失割合等については、専門的な知識が必要であり、交通事故の処理に詳しい弁護士に依頼をして、損害賠償にかかる諸問 題について解決を依頼するのが最も安心です。
  弁護士に依頼すれば、交通事故の被害者との間のやり取りの大部分を取り次いでもらうことが可能ですし、事故に直接かかわりのない第三者的立 場で事 故の被害者との処理を進めてくれるので、加害者本人が被害者と話をするよりはもめることが少なく交通事故の処理を済ませることが出来ます。
  弁護士に依頼すると弁護士費用は当然にかかってきますが、自分自身で処理するよりは、精神的、肉体的疲労は少なく、法知識が乏しいことによって生じ る様々なトラブルも防止できることからそのメリットは数え切れません。
  交通事故が発生すると、刑事上、行政上、民事上の加害者への責任追及の問題が発生し、素人では処理するのが非常に困難な状況に直面します。
  弁護士費用を削って、交通事故処理にかかる経費を少しでも安くしようとして、結局はトラブルに見舞われ、弁護士を依頼する以上に費用がかかってし  まったということがないように、慎重に交通事故の処理にかかる必要があります。 
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト