• HOME
  • 交通事故と自動車保険
①交通事故が発生した時に弁護士が必要な理由
人はいつどこで事故に巻き込まれるか分かりません。自分に過失がない場合でも、相手の過失で自分が事故に巻き込まれる場合があります。特に自動車事故では自動車はもちろん、自分に怪我や後遺症が残らないとも限りません。そんな時相手との示談交渉で弁護士が必要な時もあります。
双方に過失がある場合はお互いの自動車保険会社が示談交渉を行いますが、自分に過失がなく相手の過失が100の場合は基本的に自身の保険会社は介入してくれません。それは、保険会社はあくまでも相手への賠償に対して責任を持つので、自分自身に過失がなく相手への賠償がない場合は介入する必要がないと判断するのです。しかし、不安な場合はやはり弁護士に介入してもらい、賠償額が正しく支払われているのか等をきちんと見極めてもらう事をオススメします。というのは、ほとんどの人は賠償問題に関して知識がなく、下手をすると相手の言うままに示談交渉が成立して、成立後に賠償額が不当であったと気づくことがあるからです。そのため、請求額に対しての支払い額が不満な際は特に弁護士を立てて、問題なく交渉できるようにすることをオススメします。そうすれば後々のトラブル回避とともに、場合によっては支払い額がアップする可能性もあります。
 
②弁護士を利用するメリットとデメリット
交通事故の際に弁護士を利用することについてはメリットとデメリットがあります。まずメリットですが、それは法律のプロに任せて交渉を行えるので、安心して交渉を任せる事ができます。特に自身に過失がなく相手側が過失100の場合は自身の保険会社は示談交渉に介入できません。かといって、ほとんどの人は法律や賠償額に対して無知であり、自分自身で示談交渉を行うには精神的にも負担があり的確な判断もできません。そんな時に弁護士が介入してくれれば適切に判断してくれ、さらに賠償額に不満があればさらに交渉をお願いすることができるというメリットがあります。自身の精神的肉体的負担を軽くし、的確な判断と賠償額を請求することができるという点が弁護士を利用する大きなメリットです。
それではデメリットですが、それは費用がかかるという点です。弁護士費用と一言で行っても、相談料、着手金、成功報酬、実費等細かく費目もあり、下手をすると請求した賠償額より弁護士費用の方が上回る事もあり得ます。また場合によって交通事故の問題に対して不慣れな弁護士に当たれば、本来請求できた金額より実際の金額が減る場合もあります。そのようなデメリットも踏まえつつ、弁護士の介入が必要かどうかの判断がとても重要なポイントになります。
 
③弁護士費用を負担してくれる自動車保険
最近では交通事故後の弁護士費用を負担してくれる自動車保険が出ています。これは「弁護士費用特約」というもので、自動車保険の特約として加入するものですが、年間数千円の負担でいざという時に弁護士費用を負担してくれます。この「弁護士費用特約」での支払い上限は300万円となっています。そのためいざ弁護士を利用したいという時に、弁護士費用に関しては不安がなくなり、安心して示談交渉をお願いすることができます。
「弁護士費用特約」を利用して弁護士を依頼する際ですが、必ずしも保険会社が選んだ弁護士にお願いする必要はありません。この事を知らずに保険会社が紹介する弁護士にお願いするケースも多々見られますが、自身で交通事故に強い弁護士を探してお願いすることも可能です。最近ではインターネット上でも交通事故に強い弁護士を紹介していたり無料相談ができるようになっています。そのため自身が納得する弁護士をネット上で探したり、知り合いの弁護士にお願いする場合も「弁護士費用特約」を利用することができます。また弁護士費用の負担は建前上いったん弁護士費用を依頼者が立て替えるとなっていますが、実際は保険会社から直接弁護士に支払われるケースが多いので、その点も安心して利用できます。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト