• HOME
  • 民事手続における解決方法の選択(裁判か、示談か)
 
交通事故に限らず民事上の争いは、裁判をするまでもなく話し合いで解決する方法と最終的に裁判を起こして解決しようとする方法が考えられます。
ここでは交通事故について、話し合い(いわゆる、示談)での解決を目指すか裁判での解決を目指すかのメリットやデメリットを整理していきましょう。
なお、交通事故での被害者と加害者の争いは、示談ではないけれど裁判でもない方法での解決も考えられます。これについてもまず説明します。
示談として知られる解決方法は、法律上は相手やその代理人との話し合いによる和解契約の締結であるとされています。あくまでも相手との話し合いで合意が成り立たないと、慰謝料や修理代などを支払ってもらえる状態になりません。
「裁判」という言葉で知られる裁判所での手続きには、交通事故の紛争を解決するためのものとして民事調停と訴訟が考えられます。調停も相手方との話し合いによって解決の条件を決めていく面を持っていて、調停が成り立たない場合は最終的に訴訟にできます。最初から訴訟を起こしてもかまいません。訴訟は裁判所において自分と相手が主張する権利と、その権利があることを証拠づける訴訟活動をすることで裁判所からその権利の有無や金額に関する判断を得て、相手が支払をしなければ強制執行できるという手続きです。一般的には弁護士を代理人につけるのですが、中には自分で手続きを進める人もいます。
 
 
交通事故を巡る争いで、自分や相手は示談を巡る話し合いを続けることもできれば話し合いを打ち切って訴訟を起こすこともできます。
この判断はどのように行うべきなのでしょうか。考え方をいくつか示してみましょう。
・相手が加入している任意保険から支払が受けられるか
 一般的には示談にするより訴訟を起こしたほうが、慰謝料などの支払い金額が上がる傾向があります。相手の保険会社から支払がある場合でも、訴訟を起こしたほうが最終的に得られる金額は有利なものになることが多いのです。しかし、任意保険に入っておらず財産もないような人からは訴訟に勝っても実際の支払がえられない可能性が高いので、あえて訴訟にするかどうか慎重な判断を要します。
・迅速に、あるいは確実に解決する必要性はあるか
 交通事故をめぐる訴訟は、高次脳機能障害がある場合など難易度が高いものでは年単位の期間がかかります。結論が出るまでは、自賠責や治療費の一部などの支払しか得られないため、速く解決したいという人に訴訟は向きません。また、弁護士が判断しても訴訟の勝ち負けが微妙な案件は常にありますから、こうした場合に自分に不利な結果がでるかもしれない手続き、つまり訴訟を選ぶかどうかは、弁護士とよく相談する必要があります。
・弁護士費用を出せるか
 これは、一般的には大きな問題になるのですが交通事故の場合、ご自分が加入している自動車保険で弁護士費用特約がついている場合は保険から支払われることになります。弁護士費用特約がない場合にはこの費用を負担できるかも検討が必要です。所得や収入が一定の基準を下回る人には、弁護士費用を立て替えてもらえる民事法律扶助制度がありますので、これを扱う法テラス(日本司法支援センター)へ問い合わせてみることをおすすめします。
 
 
 民事上の争いを解決するために、人は話し合いか裁判かを考えてしまいがちですが、交通事故では示談でも裁判でもない制度がいくつか整備されています。
相手と話し合いを続けるのは避けたいが訴訟を起こしたくはないとか、裁判の費用が払えないというときに利用を考えてみるといいでしょう。つまり、示談を進めるか裁判にするかの方針の選択に影響してくるわけです。
以下で説明する制度を利用する際にも、弁護士を代理人にして手続きの仕方や交渉を進めてもらうことができます。
・交通事故紛争処理センター
 運営費を損害保険各社が出している公益財団法人で、全国に事務所をもっています。交通事故に関する法律相談のほか、当事者が希望した場合には和解のためのあっせんを進めてくれます。これらの手続きは紛争処理センターの弁護士が行います。個人で弁護士を選任できない人が、第三者に間に入って話し合いを進めたい場合には利用を検討するとよいでしょう。このあっせんには、相手の損害保険会社も従うことが一般的です。
・日弁連交通事故相談センター
 こちらは弁護士の団体、つまり日弁連が運営している公益財団法人で、こちらも全国に事務所を持っています。弁護士による無料相談のほか、和解のためのあっせんをしてもらうことができるのも交通事故紛争処理センターと似た機能を持ちます。
 このような裁判ではない手続きを裁判外紛争解決手続、ADRと呼んでいて、運営者や手続きを実施する人たちの立場に多少影響されますが迅速な、あるいは低額な費用での紛争の解決に役立っています。
 こうした手続きをうまくいかして解決に進むためには、まず弁護士とよく相談することです。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト