• HOME
  • 民事手続での解決方法の選択(専門家への依頼の可否)
1 交通事故に関する問題解決の態様
 
  交通事故が発生した際には、刑事上の問題、行政上の問題、民事上の問題の3点の問題解決が必要になってきます。
  刑事上の問題は、懲役刑や罰金といった交通事故加害者への刑罰の適用を意味し、行政上の問題は、運転免許制度における、交通事故加害者に対する累積 点数の加算という形で処理されます。
  この2点に関しては、警察や検察そして公安委員会といった公の機関が処理をしていきますので、通常加害者、被害者共に深く関わることなく処理されて いきます。
  上記の2点に関しては大きなトラブルに見舞われるということは少ないと思いますが、民事手続きにおいては、様々なトラブルに見舞われる可能性があり ます。
  民事手続きとは、交通事故加害者に対しての損害賠償の請求ということを意味しますが、損害賠償の請求をどのようにすすめれば良いのか、どういった方 法があるのかについては、一般人にとってはなじみが薄い問題です。
  損害賠償請求に関して関わりをもつのが弁護士です。
  法律の専門家である弁護士であれば、複雑な制度にも熟知していて、交通事故を処理する過程でのトラブルを最小限に抑えることが可能です。
  自分自身で処理するということも可能ですが、弁護士と共に問題を解決するほうがリスクは少なくなります。
 
2 民事手続きでの解決方法の選択
 
  交通事故加害者への損害賠償請求に関しては、
   ・ 示談(交通事故関係者双方による話し合いによる解決)
   ・ 紛争処理センターでの解決
   ・ 判決(裁判による解決)
 という3つの方法が存在します。
  この3つの方法にあっては、それぞれにメリットとデメリットが存在します。
  お互いの話し合いによる示談に関してのメリットは、早期解決が期待できるということです。
  その反面、賠償額が定額になったり、弁護士を通さずに自身で処理をする場合は、わずらわしい保険会社との対応に時間をとられたり、相手の言いなりに なってしまうデメリットがあります。
  さらには、弁護士費用名目での損害賠償金の上乗せ等金銭面での増額も期待できません。
  紛争処理センターでの解決に関しては、メリットとしては、ほぼ裁判の基準に準じた処理が進み、解決に要する期間も数ヶ月ですむ可能性があります。
  交通事故被害者は、紛争処理センターでの裁定に拘束されず、納得がいかない場合は不服申し立ての道も残されています。
  デメリットとしては、弁護士費用名目での損害賠償金の上乗せ等金銭面での増額が期待できません。
  裁判による解決に関しては、損害賠償金として認められた額の10%程度を弁護士費用名目で上乗せしてもらうことが可能であり、金銭面での増額を受け ることができます。
  交通事故が発生した日から支払いに日までに、遅延損害金も付加されるので、加害者側の賠償金の支払いの遅延問題に関してもメリットがあります。
  デメリットとしては、裁判にかかる時間が長期間を要するということです。裁判は時間がかかるものとのイメージが定着していますが、1年程度の期間は 要するため、時間と労力が必要になります。
  また、最終的にどういった結論が出るのかは、判決の日までは分かりません。
 
3 専門家への依頼の可否
 
  交通事故の発生に伴う民事手続での解決方法の選択に関しては、示談、紛争処理センターでの解決そして裁判と様々な方法があり、いずれの解決方法を選 択するのかは、それぞれの交通事故によって異なってきますが、交通事故の被害者の意向や発生した交通事故の態様等を慎重に判断する必要があります。
  時間と労力を要しても高額の賠償金を求める為に裁判による解決を行う人もいれば、なによりも早期解決を希望して、時間と労力を極力かけることのない ように示談による解決を求める人もいると思います。いづれの方法をとるに際しても、自分自身で処理をするのではなく、専門的な知識を有する弁護士に相 談し、アドバイスをもらいながら処理を進めていくのがベストです。
  弁護士に相談すれば、当然弁護士費用は必要になってきますが、その費用を十分取り戻すことが出来るだけのメリットを享受することが可能です。
  当然、交通事故の処理に関する費用に関しては、誰でも頭を悩ますところですが、弁護士事務所によっては、第1回は無料相談を実施しているところや法 テラスといった機関では、無料の弁護士相談を実施しているところもあるので、そういった機関を利用して、まずは弁護士に話を聞いてもらい、今後の対応 等の筋道を立てた上で、その後弁護士に依頼して処理を進めていくかどうかを判断すると言う方法も交通事故の処理に伴うリスクを軽減する為にはよい方法 であると思います。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト