• HOME
  • 弁護士に相談・依頼するメリット
1 交通事故が発生した際の解決方法
 
  交通事故が発生した際には、まずは警察に交通事故の発生の届出をして、交通事故の発生現場に警察官に来てもらい、交通事故の実況見分や事情聴取を実 施して交通事故の処理が進む形になります。
  また、交通事故が発生した際には交通事故の処理を進める中で、刑事上、行政上、民事上の三つの責任が交通事故の加害者には発生します。
  警察への届出によって、事故の加害者であれば自動車運転処罰法等の適用を受けて刑事上の責任が追及され、さらに、行政処分として運転免許行政上の点 数が加算され、災厄の場合には運転免許の停止や取り消しといった処分を受けることになります。 
  そして最後に残るのが、民事上の責任です。いいかえれば損害賠償等の金銭的な問題の解決になります。
  このお金が絡む問題を処理する際には、事故当事者自身で解決する場合と弁護士に依頼して解決を依頼する方法に分かれます。
  自身で解決する場合と弁護士に依頼する場合では当然にかかる費用が異なります。
  弁護士に依頼することなく自身で処理すれば、金銭的には費用を抑えて事故の処理をすることが可能です。
 
2 弁護士に依頼するメリット
 
  交通事故の事故処理を自身で処理することなく、弁護士という法律の専門家へ依頼すれば多数のメリットがあります。
  1点目は、交通事故の相手方との話し合いがスムーズに進むことが上げられます。 
  交通事故が重傷事故の場合は、交通事故の被害者は自動車を運転していた交通事故の加害者と事故発生当初は話をしたくない感情を持ちます。
  弁護士に依頼すれば、交通事故に直接関与していない弁護士が、第三者的な立場で相手方との会話の場を持つことになり、交通事故の処理がスムーズに進 む場合があります。
  2点目は、弁護士は法律の専門家であり、交通事故の処理が進む中でなんらかのトラブルが発生した場合でも、専門的知識をもって解決してくれる安心感 があります。
  交通事故の損害賠償額等の選定に関しては、一般人は全くの素人であり、弁護士に依頼するほうがトラブルの発生を防止できます。
  また、事故発生当初から弁護士に依頼しておけば、事故の相手方と示談が成立する場合も多く、刑事責任の追及に関して情状酌量の意見を検察官に申し出 てもらい、刑罰を軽減してもらえる場合もあります。
  3点目は、事故の過失割合を正確に判断してもらうことが可能だということです。警察の実況見分のミスを指摘し、第一当事者と認定されていた交通事故 当事者が、実はその責任は低く、事故の被害者とされていた人物が実は交通事故の大きな原因を発生させていたと弁護士が指摘して、事故の過失割合に変更 が生じた事例もあります。
  交通事故処理の過程で、警察の処理に不安や疑念が生じた際にも弁護士に相談していれば、その疑問点について何らかのアドバイス、解決方法を導き出し てもらうことが出来るので安心です。
 
3 弁護士に依頼する際の注意点
 
  弁護士にも刑事分野強い弁護士、民事上の処理に強い弁護士とその得意分野にあっても様々です。
  交通事故の処理に関して弁護士に依頼するのですから、当然交通事故の処理に専門的知識をもった弁護士を依頼する必要があります。
  一般人にとってどの弁護士がどの分野の知識を多く有しているかということを判断することは非常に困難を極めます。  
  弁護士に依頼する方法に躊躇するのであれば、現在では「法テラス」での交通事故の処理に関する無料相談も実施されています。
  無料相談で弁護士に一度話を聞いてもらい、お願いするとなれば以降から弁護士への依頼費用が発生するという制度で、こういった制度を利用して自分の 悩みをしっかり聞いてくれる、自分の好みにあった弁護士に依頼するというのも良い方法です。
  交通事故は、法律に関して専門的知識を有しない一般人にとっては非常になじみの薄い分野ですので、専門的知識を有する弁護士に依頼して、トラブル無 く解決することが重要です。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト