• HOME
  • 損害賠償額の計算方法
 
 
交通事故に遭った場合、弁護士に相談して損害賠償額を計算して貰うことが多いですが、具体的な計算方法とはどういったものなのでしょうか。
よく、「保険会社から示談の提案が来たのだが、どうやって見るのか見方が分からない」といった事を耳にします。
交通事故の損害賠償金というのは色々な損害項目が合わさったものなので、示談書を初めて見るという人には分からないのが当たり前です。
もし、その見方が分からないとか、不満に思う点があれば、すみやかに弁護士に相談するのがいいでしょう。交渉する余地があるのかも弁護士が相談に乗ってくれます。
ここでは、保険会社が提案してくる損害賠償額の主な項目に対しての注意点を書いてみたいと思います。
障害事故の賠償額の計算方法は次の1から5を合計したものです。
1. 治療関連費
これは、治療費や入院中の雑費、付き添い看護費用、通院のための交通費、装具代、家屋の改造費用などとなっています。
2. 休業補償
これは、事故のために得られなくなってしまった収入に対する補償です。
3.入通院慰謝料
この項目はけがや入通院によって得た精神的苦痛に対する補償です。これに関しては、入通院期間と、障害の程度によって基準が設けられています。
4.逸失利益
これは、残りの人生で予測される減少するであろう収入の補償です。
なお、計算方法は事故の前の年収や、労働能力過失率を元に算定しています。
5.後遺障害慰謝料
これは、後遺障害によって受けた精神的苦痛の補償です。
後遺障害の等級によって基準が決められています。
 
 
 
交通事故に遭ってしまった際の損害賠償額を計算する方法は以下の通りとなっています。
損害賠償額 = 損害額 × (1-自分の過失割合)
この時、損害額と過失割合の二つの点が問題になってきます。
もし、交通事故で物損事故を起こしてその修理費用が30万円だった場合、自分に3割の過失があったら、請求できる損害賠償額は21万円です。
損害額の計算方法は、一定の計算方法の基準を利用して計算します。
ですが、保険会社が使っている基準というのは、弁護士や裁判所が使用している基準とは違っているのです。
損害賠償額の計算基準には3つあります。
裁判所基準と保険会社基準、自賠責基準があります。
保険会社は示談交渉の際、裁判所が認める適正額を提示してくれるわけではないので、最初にこの点を理解する必要があるでしょう。
まず、裁判所基準とは、裁判所が訴訟の判決を記載する時に使用する基準の事をいいます。
また、弁護士が交渉する時にもこの基準を元に行います。
日弁連交通事故相談センターによる赤本が一般的なのですが、書店などで販売していません。
赤本は治療費や慰謝料などの項目ごとに損害額の計算方法が載っており、大変分かりやすくなっています。
 
 
交通事故の際の損害賠償額の計算方法をご存知の方はそんなに多くないのではないでしょうか。万が一、交通事故に遭ってしまった際に、適性な賠償金を受け取るためにも、まず最初に賠償金の計算方法について理解する必要があります。ここでは、その計算方法について書いてみたいと思います。
損害賠償額のとはほとんどの場合、保険会社が提示してくる賠償金金額は実際に交通事故の被害者が貰えるべき賠償金額よりかなり少ないという事実があります。
保険会社というのはそもそも、交通事故に関しての専門家なので、正しい損害賠償額を提示しれくれているのでは?と、ほとんどの人が思うかもしれませんが、これは本当は違っています。保険会社は損害賠償額をちょっとでも少なくしたいので、賠償額のどの項目かを使い、調整する事が多くなっています。 
保険会社から交通事故の後に示談の提案を貰ったが、示談書の見方が分からないという人が多いです。治療費や通院交通費などに関してはプロでなくても理解できるでしょうが、その他の後遺障害慰謝料や逸失利益、入通院慰謝料などに関しては、プロの弁護士でないと適正な金額の算出は難しくなると言えます。
示談提示の見方が理解出来ないが、損害賠償額に不満を持っている時には、弁護士に速やかに相談し、損害計算書を作成してもらって、保険会社から提示されている損害賠償額の提示額が適正かどうかをきっちり判断して貰いましょう。
 
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト