• HOME
  • 遷延性意識障害の治療と介護の問題点
交通事故により、頭部をひどく打ち付けたことので急性硬膜血腫などで、遷延性意識障害となってしまう方というのがいます。遷延性意識障害というものは、自分で立つことはおろか、歩くのも自分で食事をすることも出来ず、尿や便の排泄も常に器具や道具を必要とし、コミュニケーションにしても、手を握り返すことぐらいと、声は発しても言葉になっていないといった、状態の人のこと言います。これは世間で植物状態とも言われます。こうしたことが家族の身に起こったとき、どのような行動をとればいいのでしょう。まず、交通事故の被害に遭われた場合、家族の身を案ずるというのはとても大事ですが、なるべく時間を見つけて、弁護士と連絡を取ってください。これはのちの裁判や、賠償請求する上で、弁護士の存在というのはとても大事なことになってきます。遷延性意識障害という障害が残ってしまった場合、後遺障害一級となれば、自賠責保険の上限の40,000,000円まで請求することが可能となってきます。
しかし、いくらお金を請求出来ても、この後には家族の介護という問題が出てきます。どんな病院でも3か月くらいで、退院させられることが殆どで、施設に入所させたくても、入所待ちか、希望するサービスが提供出来ずに、入所自体を断れるというケースというのもあります。こうしたことから、医療、福祉の面での改善というのも望まれるものです。
 
交通事故で遷延性意識障害という障害が残ったという方が、世の中には沢山おられます。遷延性意識障害というものは、簡単に言ってしまえば、いわゆる植物状態のことで、自立歩行や、自分で食事や排泄も出来ないという人のことを言います。手を握り返したり、声は発していたとしても、それがコミュニケーションには結び付かないというのがほとんどです。これはいくらリハビリを積んだところで、医師からはある程度まできた地点で、これ以上の回復は望めないと、大抵の家族は告げられるようです。病院というものは、患者を3か月程度しか入院をさせたがらず、退院すれば家族に待っているのは、介護というものです。これは労力のみならず、莫大な費用というものが、家族への負担となることから、もしも、交通事故で加害者というのが相手にいれば、これらの費用というものは、相手に賠償させることは可能なので、落ち着いてきたところで、弁護士への連絡というのは絶対に必要となってきます。弁護士を通したときとそうでない場合の賠償額というのも変わってくるので、これからの介護を考えれば、それなりに賠償してもらうというのは、至極とうぜんといえます。また、在宅介護を諦められて、施設の入所を検討されるにも、多くの施設では入所待ちが当たり前なので、その点の改善というのも、さっこでは叫ばれています。
 
交通事故というものは、ドライバーの方なら誰しもが起こす可能性があると言えますし、また、誰しもが巻き込まれる可能性があると言えます。例えば、交通事故がもとで、遷延性意識障害というものになってしまわれた方というのがいます。この遷延性意識障害というものは、自分で歩行も出来なけれは、食事や排泄も出来ないうえ、コミュニケーションにも大きな問題出てしまう、俗に言う植物状態である人のことです。こうしたことが家族の身に起こってしまうと、被害者の家族というのは大変な負担を強いられることとなります。まず、いくら病気に入院しているからと言って、安心出来るものではなく、病院というものは、3か月を目途に大抵は患者を退院させるもので、そうなれば家族に待つものは在宅での介護生活です。その介護というものは、大変な労力を要すだけでなく、費用もばかになりませ。例え施設に入所させたくても、入所待ちというところがほとんどです。
仮にもし、加害者となられたら、こうした費用というのは自賠責保険で賄われるものですが、それで全てが賄えるものではなく、賠償以外にも相手の弁護士費用やこちらの弁護士費用というのも当然かかるというもので。なので、ドライバーが安全運転を心掛けるというのは当たり前のことで、交通事故の加害者になるというのは、相手の未来も、自分の未来も奪われるものだと理解していなくてはなりません。 
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト