• HOME
  • 脊髄損傷の示談・裁判上の問題
交通事故で被害にあった場合には加害者から損害賠償を行ってもらうことが必要になります。物損や軽度な怪我程度ならばまだいいですが、交通事故によって脊髄損傷を起こした場合には後遺症が残るためにその後の人生が大きく変わることになります。そのため、交通事故後の加害者との示談や裁判において失敗は許されないのです。脊髄損傷になった場合には必ず弁護士に相談することが必要です。中には費用の面を心配し、自分や家族で手続きを行おうとする場合があります。話し合いを行う相手は保険会社であり、法律的な知識や自己処理の経験を多く持っている相手であることから、専門的な知識がない自分や家族が話し合いを行ったとしても相手に都合のいいようにまるめこまれることに違いありません。損害賠償の交渉では被害者のことを心配するよりも、保険会社は自分たちが支払う金額を小さくすることを一番に考えた交渉を行ってきます。特に脊髄損傷という病気は事故直後にはその後の回復具合や残る後遺症の判断を確定するのが難しく、短絡的に結果を出してしまうと後から後悔する可能性が高いのです。弁護士には出来るだけ早くに相談することが必要です。最低でも医師が後遺障害診断書を診断書を作成する前には提出しなければなりません。
 
交通事故における被害で物損や打撲程度の被害であれば、修理や簡単な治療によって現状を回復することができます。しかし、重度な事故で脊髄損傷となった場合には完治することはできません。脊髄は中枢神経といわれる神経で損傷した部位は基本的に回復しません。現在ではiPS細胞による治療法が期待されていますが、すぐに脊髄損傷の治療が期待できるものではありません。そのため、脊髄損傷を追った場合には後遺症が残り、その後の生活は後遺症と付き合って生活していくことが必要になるのです。そのため、脊髄損傷の示談や裁判ではその後の生活を行うために必要なだけの賠償金が支払われなければなりません。そのためには、賠償金の金額に大きく影響する後遺障害の認定がきちんと行われることが必要です。保険会社はこの後遺障害の認定を急ぐようにし、早くに賠償額を決定しようとします。しかし、それでは正確な後遺症が反映されていない賠償となってしまい、被害者はその後の人生で大きな苦労を背負うこととなってしまうのです。そうならないためには弁護士に相談することです。弁護士の中でも交通事故に関する示談や裁判を得意としている法律事務所に相談するのがベストです。出来るだけ早くに相談することで悔しい思いをすることがなくなります。
 
交通事故で脊髄損傷になった場合には後遺症が残ることになります。そのため、その後の生活は大きく変わることとなり、今までどおりの仕事や生活が行えなくなることから加害者からの正当な賠償が行われることが重要になります。脊髄損傷をうけると損傷部位から下の部位に麻痺などの神経障害が生じることとなります。そのため、上肢や下肢に麻痺や感覚障害が生じたり、排泄障害が生じることとなります。すると自分で立ち上がったり、歩くことが難しくなるため車椅子の購入や自宅の住宅改修などが必要になります。また、身体機能を維持していくためには定期的な通院やリハビリテーションを行うことも必要になります。仕事も健常な人と比較すると出来ることが限られるため安定した収入を得られる保証はなくなります。このように脊髄損傷になると生活は一変してしまいます。そのため、加害者からは適正な損害賠償が行われなければなりません。そのためには交通事故の示談や裁判を得意としている弁護士を利用するのがいい方法です。弁護士には経験があるため、医師が作成する後遺障害診断書の内容を適正なものか判断し、相手の保険会社とも被害者の立場に立った交渉を行ってくれることで後遺障害が適正な形で認定されるようになります。くれぐれも自分たちだけで解決しないようにしましょう。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト