• HOME
  • 自動車保険の仕組み
自動車保険の仕組みについて簡単に紐解いてみましょう。自動車保険には自賠責保険と任意保険の2種類があります。自賠責保険は車やバイクを運転するために強制的に入ることになる保険の事です。もし未加入の時は罰則があるので絶対に入らなくてはならないですね。次に任意保険について、実際に交通事故を起こしてしまった時には、多くの場合、自賠責保険の賠償額では足りないのです。例えば交通事故の被害者が大怪我をしてしまった。なんて時は、任意保険に入っていれば保険加入時のプランの限度額までは、保険会社が加害者側の代わりに支払ってくれるのです。任意保険というだけあって強制加入ではないですが、交通事故を起こしてしまった時はかなりの頻度で任意保険に頼ることになるので、入るか、入らないかは、間違いなく入っておかなくては、ならないと思います。またプランによっては弁護士特約というものを付けることによって交通事故を起こした時に複雑な事柄が起きたとしても弁護士を雇う事が出来て、その支払いも保険会社がしてくれるのです。そもそも交通事故で、億単位の請求が来るようなことになったら払ってあげたくても払えない人がほとんどですから、絶対的に必要になってきます。
どういった交通事故事故の時に、弁護士が必要になってくるのでしょうか。例えば、交通事故の時に相手方に対する謝罪は別物としてもどのような結末に持っていくかというのは、基本的には、保険会社の方が窓口となって交通事故の相手の方と話をしてくれます。ですが自分が全く悪くないいわゆる10対0のときまで保険会社の方方窓口となって話し合いをしてくれるのでしょうか?答えは「ノー!」です。そんなときは被害者である方自身が相手方自身または相手方の代理人の方と直接話し合いをしなければならなくなってしまいます。もし、その時に先方がすべてこちらのいう通りに動いてくれるような感じであるのなら、それでも良いのかもしれません。ですが、中には全く自分達の非を認めないはたまた責任をこちらに仕向けようとさえしてくるような人とでも自分で話し合いを進めていかなければならなくなってしまいます。そんな時に弁護士さんに間に入ってもらうことによって、直接自分で話し合いをしなくても、弁護士さんが自分の持つ権利を主張してくれるのです。その時に保険会社の弁護士特約を付けていればより安心というわけですね。ましてや事故後自分がピンピンしていれば良いですが、大怪我なんてしてたら話し合いどころではないですからね。
それでは次に交通事故を起こしてしまった時に弁護士が間に入っていると話し合いを代わりにしてもらえる以外にはどんな利点があるのかということです。率直にいうと、弁護士が間に入ることによって慰謝料の額が大幅にアップするのです。実は、慰謝料の算定には次の3つの基準があるのです。一つ目は「自賠責保険基準」二つ目が「任意保険基準」そして、三つ目が「弁護士基準」です。そして、弁護士さんが相手方への慰謝料の請求額を算定する基準となるのが三つ目の弁護士基準なのです。そしてこの弁護士基準こそが最も高額な慰謝料となる為に慰謝料が大幅にアップするということなのです。では、なぜ弁護士基準が一番高くなるのか、それは弁護士基準が過去の裁判の判例などを元に算出される基準だからです。ということは、判例ですでに同じような交通事故の時にどれだけの慰謝料になるのかが弁護士さんにはわかっているということですね。以上のことを踏まえると、やはりある程度大きな交通事故の時には弁護士さんに間に入ってもらって穏便にかつスムーズにある程度こちらの思い通りに事を進めることをオススメ致します。とはいえ交通事故は後味が悪いのも事実、安全運転を心がけましょう。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト