• HOME
  • 後遺障害について
交通事故というのは、外を出歩く以上、誰しもが巻き込まれる可能性を孕んでいます。最悪の場合では、命を失くすということもありますし、例え命をとりとめたとしても、その後に重い障害がのこるという場合もあります。後遺障害という言葉をご存知でしょうか。これはよくいう後遺症とは違って、自賠法施行令の等級に基づき、もしも、事故で重い障害が残った場合、法的な措置で被害者を保護するというもので、加えて、加害者である相手に、受けた損害やこれからの治療費、介護費用などを請求出来るというものです。その具体的な概要とは、事故が原因で精神的、肉体的に受傷し、将来に於いても症状が固定してしいまい、回復の見込みがなく、労働が著しく阻害され、それが医学的な見地からも認めることが可能であるなどです。後遺障害というものは、第一級から第十四級までの等級が定められており、最高で4千万円まで請求することが可能です。第一級から上位の等級は、高次脳機能障害や遷延性意識障害などの重篤なものとなります。もしも、これらの後遺障害に被害者の方がなられた場合というのは、成年後見が必要となってくるので、弁護士への相談は不可欠です。弁護士費用というのも、いくらかは相手に請求することも出来ます。
 
交通事故というのは遭いたくないというのは当たり前ですが、しかし、誰もが交通事故の被害者にもなりえますし、加害者というものにも、残念ながらなりえてしまう可能性があると言うものです。仮にこのどちらも、将来を奪われるということに違いはありません。不幸中の幸いで、被害者の命は助かったが、重い障害が残ったというのも間々あることです。後遺障害という言葉あります。これは交通事故などが原因で、障害が残ってしまった場合、一から十四まである等級をあてはめ、法的な観点から被害者を保護すると言うものです。なお、等級が上位にくればくるほど、被害者の後遺障害というのは、極めて重いということ示しますから、賠償できる金額というのも、いちばん下が30万円程度ですが、いちばん上に行けばと4千万円と、大幅に変わってきます。もしも、被害者の症状が重篤であれば、裁判をする際は、成年後見人制度というのが必要になってくるので、被害者のご家族などは早めに弁護士へ相談されるのが望ましいと言えます。加害者も将来がかかってますから、中には自身の過失責任というものを、なかなか認めてはくれないという人もいて、そうなってくると弁護士さんというのは、被害者やそのご家族にとって、強い味方となってくれるというものです。
 
後遺障害という言葉を知っている方というのは、なかなかおられないと思います。しかし、後遺症というのは広く一般に定着しているので、これならご存知という方は多いかと思います。後遺症と後遺障害というのは、意味は微妙に違っていて、後遺症というのは、法的な定義がありませんが、後遺障害というものには法的な定義というものがあります。そもそも、後遺障害というのは、交通事故などで重い障害が残ってしまった場合、第一級から第十四級まである等級で、交通事故の被害者の現在の状態を、重いのと軽いのとで区分けしているというものです。当然、等級が第一級に近づけば近づくほど症状が重篤でありますから、賠償する額にも数千万円ほどの開きが出てきます。これは弁護士の見立てでも、少なくとも一千万円は違ってくるので、交通事故の被害に遭われた場合、弁護士への相談は非常に重要になってくると言えます。また、交通事故であれ、最終的には裁判となってくるものなので、そうなると、もしも、被害者が高次脳機能障害や遷延性意識障害といった重い障害が残ってしまった場合、成年後見人が必要となるので、それも合わせて弁護士へ相談することが大事です。いずれにせよ交通事故には遭いたくないものです。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト