• HOME
  • 事故直後に被害者側が取るべき行動
 
交通事故は出来れば生涯出会いたくないものですが、こちらがいくら気をつけても避けられないものも多くあるのが事実です。そうした場合、こちらに過失がないにも関わらずその後の対応で大きく事態が変わってしまうことがあります。過失の度合いによっては治療費や修理代など多くの経済的損失となることがあるのです。交通事故で多くの不都合を被らないよう事故直後の対応というものは非常に重要なことになります。そして多くの場合その境界線となるのが弁護士を呼ぶタイミングです。示談交渉時や交渉がもつれた時など弁護士への依頼を考えるタイミングは数多くありますが、やはり事故直後に依頼するのが一番望ましいタイミングだと言えます。もちろん交通事故に合った直後に弁護士を探すなどという行為は中々思い至らないでしょうが、普段からもしもの時を想定して下調べぐらいはしておく必要があります。事故直後に依頼するメリットとしては、事故の流れやその後の状況を全て把握してもらえるという点です。周囲の目撃者など事故は時間の経過で多くの情報が失われたり、加工されたりします。そのため直後から同席してもらう事が可能ならば警察との実況見分や相手との話の中で、依頼者であるあなたに不利益なことはなるべく避けるようにしてもらえます。
 
交通事故を起こしてしまった場合、事故直後の対応というものが非常に重要になってきます。なぜならほとんどの場合交通事故はどちらか一方が100パーセントの過失とはならないので、事故直後にどう立ち振る舞うかによってその後の保証費用や責任などが大きく異なるのです。嘘を付いたりというのはもちろん論外ですが、しっかりとこちらの言い分や状況を伝えておかなければ、後にとんでもない重責を負うことになるのです。
そこで重要になるのが弁護士に依頼するタイミングです。理想的なのはやはり事故直後すぐ依頼することです。事故直後の謝罪や発言などは相手方にとって多くの利益となる場合があります。すなわちあなたの不利益となるような発言や状況をなるべく生み出さないためにも、実況見分などの際には弁護士など法律の専門家の同席が望ましいのです。また大きな事故だとあなたも少なからずパニックになっていることも考えられるので、一人でも自分の味方となる人がいると大きく状況は異なります。これは実際に交通事故を起こした多くの方が挙げることで、弁護士に依頼する大きなメリットでもあります。
このように事故は絶対に起こしたくないものですが、本当に重要なポイントの境目はその後の対応です。少しでもその後の負担を減らせるように事故直後から素早い対応が望ましいです。
 
もし万が一交通事故の現場に巻き込まれた時、自分には過失がないと思っていても相手によっては思いがけない事態になっていまうことがあります。一般のドライバー同士ならば事故後の対応も似たり寄ったりするものですが、タクシーやトラックの運転手など運転のプロが出てくると話は大きく変わってきます。その手の職業では事故後の対応がマニュアル化しているケースも多く、またドライバー個人も交通事故の対応については一般よりも一枚も二枚も上手です。そのためあなたに過失がないとしても、事故後の言動や周囲の状況などを都合よく書き換えられ思わぬ責任を問われる場合があるのです。やはりそうしたプロと話し合いをするには、こちらも弁護士などに依頼するほうが懸命です。しかし、事故が起こった後かなり経ってからではこちらに不利な状況でどうにもならないということも多いのが実情です。事故直後は周囲の証言やあなたの発言などその後の展開を左右する重大な事項のオンパレードです。そのため弁護士に依頼するならば出来れば事故直後に行って下さい。交通事故の後は冷静に弁護士を探すなどが難しいでしょうが、事前に携帯電話に登録しておくなど、普段からもしもの時を想定して対処するようにしましょう。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト