• HOME
  • 死亡関係の費目
交通事故に遭って亡くなると言うのは、ある意味、病気にかかって亡くなるのと同じくらい、誰しもに起こることだと言えます。病気というものは、年齢とともに癌や脳梗塞になるリスクというものが高くなりますが、交通事故というのは、老若男女を問わず、今日か明日にでも遭う可能性を孕んでいるのではないでしょうか。ここでは、万が一、交通事故に遭われた場合、請求出来る費目について簡単に解説したいと思います。
まず、交通事故で死亡された場合、相手の加害者に請求出来る費目というのは以下の通りです、
・葬儀費用
・死亡逸失利益
・死亡慰謝料
この三点です。これは、相手がいくら支払いを渋っていても、被害者が相手の保険会社に対して、これらを自ら請求出来るよう、法律で認められています。ちなみに、死亡逸失利益というものは、簡単に言ってしまえば、被害者が死亡しなかった場合、これから就労などで得たであろう利益をライプニッツ係数というものを使って算出したものです。このほかに、例えば、弁護士を立てない場合には、死亡慰謝料ひとつとっても、賠償額というものが変わってきます。弁護士を立てた場合、被害者が一家の支柱であれば、800万円ほどの差が出てくるようです。なので、事故の被害に遭われたら、弁護士に連絡するというのが大事です。
 
交通事故というものは、車を持っている方であれば、誰もが加害者にもなりえますし、また被害者にもなりえるというものです。ここでは、加害者となり、相手を死亡させてしまった場合の、相手の被害者の遺族に対して、支払わねばならない費目について説明したいと思います。まず、支払うべき費目というのは、葬儀費用、死亡逸失利益、死亡慰謝料の三つです。この三点というのは、相手である被害者が、加害者の保険会社に対して、自ら請求出来るものなので、のちの裁判の判決のことを考えれば、過失責任の云々を問わず、あまり無碍な扱いをするのいいことだとは言えません。これら三点というのは、自賠責保険の範疇で支払われますが、上限というものがありますから、もし、相手が弁護士をつけていれば、死亡慰謝料だけでも、弁護士をつけた分あがりますし、相手の弁護士費用というもの、10パーセントほど請求額されるので、その分も負担しなくてはなりません。それと、轢き逃げや飲酒運転、無免許運転、信号無視などがあった場合、この過失責任というのは、至極、重大なものとなってくるので、今までにあげた三つの費目以外に、罰金などの法的な費目も加わってきます。それと、轢き逃げや飲酒運転というのは、悪質なものですから、懲役刑というものも科せられる可能性が高いと言えます。
 
交通事故というものは、願ってもいないのに、遭ってしまう可能性を誰しもが持っているものだと言えます。これは、怪我だけでは済まず、最悪の場合であれば、命を奪われることもあります。ここではもしも、交通事故に遭われて、死亡に至った場合、相手の加害者にいかなる損害を請求出来るのか、簡単に紹介したいと思います。まずは、葬儀費用です。これはまだ裁判で損害額が確定していなくても、相手の保険会社に対して、前払という形で、請求することが可能です。その次に死亡逸失利益です。これはいわば、事故で死亡しなければ、これから働いて出せたであろう利益のことです。これは年収にもよりますが、働き盛りの人であれば、額も大きいと言えます。これはライプニッツ係数というのを用いて算出されます。そして、ほとんどの人が理解しているであろう死亡慰謝料です。これは弁護士をつけた場合と、弁護士をつけなかった場合とで、請求額に大きな開きというものが出てきます。なにもお金の面だけではなく、交通事故の場合でも、裁判というものがありますから、法律というものが関わってくる以上、やはり弁護士に相談というのは要であると言えます。どちらにせよ、交通事故であれ、加害者にも、そして被害者にもなりたくはないものです。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト