• HOME
  • 高次脳機能障害について
 
交通事故に巻き込まれた際、身体的にも経済的にも多くのダメージを追ってしまいます。しかし、これら骨折などの目に見えて分かりやすい症状だけでなく、一見すると分からないような症状に至る可能性があります。それは主に高次脳機能障害と呼ばれるもので、交通事故の後遺症として深刻なものの一つです。普通脳の障害といえば、脳梗塞や脳卒中などの際のような、しびれや言語障害などを思い浮かべると思います。しかし、高次脳機能障害では記憶障害や社会性の欠如など見た目にはわかりづらい変化となって現れます。さらにこれらは骨折などの外傷治療が終わった後に訪れるケースもあるので、弁護士などにも多くの相談が寄せられています。これらのケースではまず高次脳機能障害であるとの診断書が書かれた後、弁護士などを通して慰謝料の請求を行うことになります。しかし、CTなどの客観的なデータでは判断が出来ないケースも多く、医師の間でも解釈がわかれるので交通事故の訴訟の中でも複雑になりがちなのがこの高次脳機能障害のトラブルです。
後々ご自身やご家族が苦しまないためにも、示談交渉の際には予めこうした後遺症の可能性についても充分話し合い、定期的に脳の検査を受けるなど多くの対策を必要とします。
 
 
交通事故では弁護士などを通して、相手方に慰謝料を請求する場合があります。その際には入院慰謝料や後遺症慰謝料というように、同じ慰謝料でも細分化が成されていますが、中でもやっかいなのが高次脳機能障害のケースです。高次脳機能障害とは文字通り脳の障害なのですが、腫瘍が出来るわけでも無く、言語障害や歩行などの運動障害が現れるわけではないので、その判断が非常に難しいものです。症状としては脳の論理性の欠如という点があげられます。通常脳は論理的に物事を順序立てて思考することが出来ますが、交通事故の後などにこれらの行為が極端に出来なくなることがあります。これが一時的なことでなく、長期間にわたって常態化すると一般に高次脳機能障害という判断が下されます。その時には後遺症慰謝料として相手方に弁護士などを通して慰謝料を請求することになります。しかし、見た目では分かりにくい上、その判断もどうしても主観的なものになりがちなので、その重篤さが正当に評価されないというトラブルが続発しています。実際、交通事故の後これらの症状に深く悩んでいるのにも関わらず、慰謝料など充分な保証が受けられず、仕事の復帰もままならないという方も多くいらっしゃいます。そうしたトラブルを避けるためにも、事故後の状況を逐一報告し相談出来る弁護士を持つことは非常に重要です。
 
 
交通事故の後、記憶力の極端な低下や空間認識能力の欠如などが現れることがあります。これらは一般に高次脳機能障害と呼ばれるもので、弁護士などにも多くの相談が寄せられています。交通事故などに合い、その後一見回復したかのように思えたあとでこれらの症状が現れるので、後々に大きなトラブルへと発展してしまうのです。しかし、弁護士に依頼しても解決が難しいケースも存在します。なぜならこれら高次脳機能障害は医師などによっても判断が分かれ、客観的な診断が非常に難しいからです。そのため保証が受けられず、泣き寝入りをされている方も多いのですが、こうしたトラブルを避けるには、事故直後の状況が大きな鍵となります。高次脳機能障害は突然現れるのではなく、通常何らかの前ぶれがあります。例えば事故直後に一時的な記憶の飛びなどの記憶障害があったり、対応した医師から意識障害が見られると診断が成された時です。そうしたことが事前にわかっていると、後々に高次脳機能障害として診断が認められやすくなります。そのため事故直後などは弁護士を呼ぶなど第三者に自分の状況を把握してもらうなどということが事情に重要なのです。またこれらの意識障害が無くても、脳の画像診断で明らかな外的なダメージが発見されれば、高次脳機能障害として認められるケースもあります。ぜひ諦めずに精密検査を受けるなどして対応して下さい。"
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト