• HOME
  • むちうち症について
自動車を運転していて、後ろから追突されるなどの交通事故に見舞われて、むちうち症になったという話しはよく聞かれるものです。そもそも、むちうち症というものは、正式な病名ではなく、医師の診断では、頸椎捻挫、頸部挫傷、外傷性頸部症候群、バレ・リユー症候群などとされることが多いものです。むちうち症は交通事故が起こったはじめのうちは、主だった症状などは出てくるものではなく、大抵は2~3日経って、首や腰の痛み、頭痛やめまいなどの症状がじわりじわりと出てくるものです。首には繊細なほどにさまざまな神経が通っているものです。どれだけ、交通事故の規模が小さいものであれ、意外にむちうち症にはなりやすく、もしも、事故に遭われた場合はむちうち症には特に注意が必要です。
このむちうち症は後遺障害に認定されることもあります。後遺障害とは第1級から第14級までの等級に区分されていて、第1級に近づけば近づくほどに、障害は重いものだとされています。むちうち症は第12級と第14級に分けられます。仮に事故がもとで症状が出て、仕事にも支障を来すようであれば、後遺障害と認定されるかもしれません。その場合、弁護士さんへ相談される方がいいかもしれません。電話帳を山勘でめくるより、法テラスなどを利用して、交通事故問題に詳しい弁護士さんを紹介してもらうのが近いと思います。
 
自動車を運転されれば、交通事故の被害、もしくは交通事故そのものを自ら起こしてしまう可能性というのは誰にだってあるものと言えます。この中で、信号待ちをしていたら、後ろからきた車に追突された、などという話しはよく聞かれることです。そして、事故当初はなんでもなかったのに、2~3日後に首や肩、腰の痛み、さらには頭痛、めまい、吐き気などの症状が出るという--そう、むちうち症です。このむちうち症とは正式な名称ではありません。医師はよく頸椎捻挫だとか、頸部挫傷などと診断するものです。このむちうち症とは、はじめは自分では何でもないと思っていても、厄介なのがあとから症状でることで、それもそのはずです。首にはさまざまな神経というものがあり、よくスポーツ選手が首を傷めて、選手生命を絶たれたなどという話しは聞きます。首はそれくらい繊細なものであると言えるわけです。このむちうち症とは、立派な交通事故による後遺障害と認定される可能性というのがあります。交通事故の怪我で、仕事などが出来なくなれば、当然、法的な保証というのはされてしかるべきです。もしも、むちうち症がいつまでも改善されない場合は、弁護士への相談をおススメします。交通事故問題に詳しい弁護士というのは沢山いるので、まずはそちらに連絡されるのがいいでしょう。
 
自動車を持って、普段、生活や仕事などで使用されていれば、何がしかの交通事故に巻き込まれる可能性というのは、誰であれ孕んでいると言えます。これは何も死に至ったり、大きな障害が残るという交通事故だけではなく、後ろからゴツンと追突される小さい事故でも、今日か明日にでも起こったとしても不思議ではないです。小さな追突事故であれ、のちに生活や仕事を脅かすことになる可能性はあります。むちうち症という言葉はほとんどの人が知っておられるかもしれません。これは正式な病名というのではなく、多くの医師は頸椎捻挫、頸部挫傷などと診断を下します。このむちうち症のたちが悪いところは、事故後、数日経って、症状がが現れることです。なので、事故当初は何でもないので、事故に遭っても医者や病院に行かれないという方が大半だと言えます。もしも、いつまでもむちうち症の症状が長引いているようでしたら、それは交通事故による後遺障害と認定されることがあるかもしれません。むちうち症と馬鹿にされている方もおられるかもしれませんが、首にはさまざまな神経が通っていて、一歩間違えば大きな障害になることもあります。症状がいつまでも良くならないという人は、弁護士に相談されることを強くおススメします。交通事故問題に詳しい弁護士というのは、数多くいるので、後遺障害の認定を受けられれば、それなりの賠償を勝ち取ることが出来るかもしれません。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト