• HOME
  • ご存知ですか?弁護士費用特約カテゴリを追加
万が一の交通事故に備えて、自動車保険に入っている方はほとんどだと思います。その保険証書、ちょっと確認してみてください。「弁護士特約」に入っているでしょうか。基本契約だけで十分、特約は余計なお金がかかるし…と付けていない方は要注意です。確かに特約には必要ない、過剰補償のものも無くはありません。しかしこの弁護士特約は付けているとつけていないで、イザという時に大きな違いが出てしまいます。そもそもこの弁護士特約というのは、弁護士や司法書士、行政書士への報酬や訴訟(仲裁・和解)費用を300万円を限度に支払ってくれるものというのが一般的な内容になっています。例えば、駐車中に追突された、信号待ちで停車中に追突された、などの自分に過失責任が全く無い、いわゆる十ゼロの事故の場合にこの特約が活躍する可能性が発生します。もちろん、相手方が誠意ある態度をとり、ある程度納得のいく形で補償が受け取れればそれに越したことは無いのですが、世の中には色々な人がいますし、事情があります。相手方が過失を認めない、示談に応じようとしないといったとき、慰謝料をきちんととるために訴訟を起こす、つまり弁護士を必要とする事態が発生してしまうのです。
そもそも自動車保険は、相手のある交通事故に備えているものなので、自分に全く過失が無い事故を想定しない基本契約内容となっています。つまり、自分に過失が全く無い交通事故の場合は自分の保険会社が使えません。ということは、事故相手(の保険会社)が補償してくれなければ、誰も補償をしてくれないということです。もちろん、事故相手が誠意ある対応をし、納得のいく補償額を提示してくれれば問題はありません。しかし相手が示談を認めない、非を認めないといった場合、保険会社というプロが間に入っていませんから、すべて自分で交渉しなくてはいけません。何もしなければそのまま泣き寝入り、事故車の修理費や自分の怪我の治療費はすべて自己負担になります。このような場合、自分で訴訟を起こして慰謝料を勝ち取らなくてはいけません。その弁護士費用を出してくれる特約が弁護士特約なのです。交通事故なんだから、自分の自動車保険が使えるだろうとなんとなく思っている方は多いかと思いますが、けしてそういうわけではないのです。例えば相手が急いでいるから…と後で対応することを許可してしまったり、その場できちんとした対応をしておかなかった場合には「過失責任が無かった」ことがうやむやになってしまう可能性さえあるのです。
交通事故にあって何が怖いと言えば、何の補償も受けられないという事態です。交通事故自体が小さなものでも車両が傷つけば、それなりの金額がかかります。ケガでもしようものなら治療費がかかってきますし、最悪の場合は後遺症が残ります。そのために自動車保険に加入する方が多いのですが、必ずしも交通事故の全てが自分で加入している自動車保険の補償対象になるとは限らないのです。抑えておきたいポイントは、自分の保険会社を使えるのは「自分に過失がある場合」ということです。自分が無過失の場合、自分の保険会社は相手方の保険会社と示談交渉をしてくれません。示談が成立しなかったり、提示された補償内容に不満があれば、自分で交渉しなくてはいけませんし、最悪の場合は訴訟を起こす必要が出てきます。事故にあった被害者のはずが、弁護士を立てる費用を負担しなくてはいけない、そんなときのための弁護士特約なのです。相手の保険会社が強気な態度に出ていても、弁護士を立てて裁判を起こすことで、損害額や慰謝料が大幅に増額するといったケースも多くあります。保険とは万が一の備え。そういう意味で弁護士特約に入っておくことは十分検討する価値があるのです。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト