ご質問

役員報酬の休業損害は認められるの?

 
  


 ご回答


  役員報酬であっても、実際に休業した部分は休業損害として請求できるべきです。ただ、役員報酬は労働の対価相当部分と利益配当の実質を持つ部分に分かれており、労働の対価相当部分については積極的に、逆に利益配当の実質を持つ部分については消極的に考えるべきです。
  ですから、職務内容や報酬の内容をご相談いただき、詳細に検討することが必要です。

布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト