• HOME
  • 解決事例
  • 男性(46歳)・弁護士が介入することにより、満足な治療と賠償額を手にした事例

No.165


依頼者:男性(症状固定時 46歳)
等  級:14級該当
傷病名:頚椎捻挫・腰椎捻挫
職業:会社員(公務員)

【事故態様】  バイクVS車

 バイクで走行中、後方からトラックが接近し、バイクの存在に気付かず、バイクを跳ね飛ばし、バイクに乗っていた方が、頚椎捻挫・腰椎捻挫を受傷しました。

【相談に至るまでの経緯】
 奇跡的に怪我が軽微で済みましたが、立ち眩みや、肩の違和感を感じていたため、行きつけの整骨院が弁護士に相談したほうが良いとして、紹介を受けたことから弊社の弁護士に相談に来ました。
      ↓
 
 交渉の結果…

 整形外科と整骨院と連携をとり、7か月治療することで、後遺障害14級を取得できました!本人としては、さほど後遺症が残っている状態ではないとおっしゃっておられており、お体も回復していきそうな状況です。
 
 
   

■今回の解決事例のポイント■

 整形外科医や整骨院の先生から報告を受け、適切な治療と、資料が準備できたため、保険会社とも交渉がスムーズに行き、良い結果につなぐことができたと思います。

※入院付添看護費について・・・
損害の算定における入院の付添看護費は、原則として医師からの指示がある場合、受傷の程度、被害者の年齢により必要性がある場合に認められます。 
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト