• HOME
  • 解決事例
  • 男性(45歳)・後遺障害等級認定非該当:過失割合について納得できず、ご相談に来られた事例

No.106


依頼者:男性(症状固定時 45歳)
等  級:非該当
傷病名:なし

職業:会社員(公務員)

【事故態様】  自動車VS自動車

依頼者の自動車が赤信号停車中に後部方向から右折進入した自動車に当てられ物損被害が発生、相手方保険会社からの提示の過失割合に納得がいかず、ご相談に来られました。

【交渉過程】
 ご本人の納得のため、訴訟を起こして示談金の増額に努めました。

      ↓
 
 交渉の結果…
 示談金が20万円から24万円に増額されました!!!!
 
   

■今回の解決事例のポイント■

 増額についてはさほど大きな額ではありませんでしたが、ご本人の納得の為訴訟を起こし、裁判官の意見を聞くことで、ご本人が納得されるよう努めました。
相手方の保険会社の提示額に納得いかない場合、是非一度弁護士にご一任いただきたいと思います。
 

※自賠責保険の対象の自動車について・・・
自賠責保険は自動車による人身事故の被害者を救済するための保険です。ここにいう自動車には、原動機付自転車は含まれますが、農耕作業用小型特殊自動車(いわゆる耕運機)や自転車、荷車、馬車等軽車両は含まれません。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707 交通事故による骨折について 2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png

Contents Menu

200jikoask.png