• HOME
  • 解決事例
  • 女性(86歳)・後遺障害等級認定非該当:高齢のため休業損害の認定が難航した事例

No.102


依頼者:女性(症状固定時 86歳)
等  級:非該当
傷病名:左肩・左膝・左手打撲,左膝・左手擦過傷,左4指末節骨剥離骨折

職業:主婦

【事故態様】  自転車VS自動車

相談者が自転車で歩道を走行中,コンビニから道路へ進行してきた自動車に追突されました。
相手方保険会社との交渉を任せたいとのことで弁護士に相談に来られました。

【交渉過程】
 傷害慰謝料については,こちらの主張とおりの金額を獲得できました。
休業損害について,高齢のため賃金センサスに該当年齢がなかったため,60歳~の賃金センサスを参考にして金額を算定し交渉しました。

      ↓
 
 交渉の結果…
 休業損害については,相当期間の相当金額,約39万円を取得することができました!!
 そのため最終的に人損で170万円で示談が成立しました!!!  
   

■今回の解決事例のポイント■

 今回は、依頼者ご本人が高齢であったため,休業損害の認定について保険会社がスムーズに認めませんでした。そのため、家族構成や賃金センサスを応用し,粘り強く交渉しました。その結果,依頼者の納得のいく結果を得られました。
 相手方の保険会社の説明に納得いかない場合は、是非一度弁護士にご一任いただきたいと思います。


※休業損害証明書の添付書類・・・
休業期間中の所得の減収は,勤務先で証明してもらう「休業損害証明書」に基いて計算されます。添付書類として,前年度の源泉徴収票が必要です。源泉徴収していない場合は,代わりに所得証明を添付します。自営業者の場合は、請求の際に職業証明書を添えます。

お客様の声1020001.jpg
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト