• HOME
  • 解決事例
  • 頸部捻挫・後遺障害等級なし・弁護士費用特約利用・早期解決に至った事例

さっ
   依頼者:女性(症状固定時 30才)
  後遺障害等級:非該当
   傷病名:頸部捻挫

 

【事故状況】

車同士の接触事故

赤信号で相談者様が停車していたところ、後続車から追突されてしまった

 

【相談を検討下さった経緯】

後遺障害の申請をしたが「非該当」という結果が出たのでこの結果が妥当か
どうかわからないため、
ご来所下さいました。

 

【交渉過程】

診断書を取り寄せ、後遺障害の異議申立を行うのか検討をしたところ、異議
申立をするには至らない
負傷であったことが判明したため、後遺障害は非該
ということを前提に交渉

慰謝料の提示が当初は38万円、と保険会社から提案があったが、通院日数な
どを考慮すると慰謝料が
妥当ではないと判断し、弊事務所側弁護士が交渉を
重ねた結果
35万円増額することになりました。

 

【今回のケースでの弁護士に依頼をした結果得られた成果】

1.  入通院の慰謝料の増額

・入通院の慰謝料には3つの基準があります、自賠責保険の基準、任意保険
の基準、弁護士に依頼した
場合の弁護士基準、今回は依頼者様の懸命な判断
で保険会社との示談交渉をご依頼下さったので一番高
い弁護士基準での解決
となりました。

2.  短期間での解決

・ご相談を受けてから示談金の精算まで約3ヶ月、という短期間で解決とな
りました。

3.弁護士費用特約を利用

・依頼者様はご加入の任意保険に弁護士費用特約を付帯されていたので、弁
護士費用は
弁護士費用特約で全額カバーでき、依頼者様が自己負担をする弁
護士費用は0円で増額分の38万円をお
受け取り頂く、という結果になりま
した。

 

交通事故の示談交渉を弁護士に任せることは懸命な判断につながることが多
いです。

弊事務所では交通事故のご相談は2度目まで無料でございます、お気軽に
ご相談下さいませ。

 

布施駅徒歩30秒 06-6728-0707 交通事故による骨折について 2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png

Contents Menu

200jikoask.png