• HOME
  • 解決事例
  • 女性(20歳)・高次脳機能障害7級4号:外傷性てんかんに関する解決事例

No.91


依頼者:女性(症状固定時 20歳)
等  級:高次脳機能障害7級4号・臭覚脱失12級相当・既存障害 てんかん9級10号
傷病名:
職業:

【事故態様】  自転車VSバイク

 Aさんは当時高校生でしたが自転車通学していました。通学路には見通しが悪い交差点があったのですが、Aさんがこの交差点で加害者のバイクと出会い頭に衝突、Aさんは吹っ飛ばされ頭を強打しました。
 Aさんのお父さんはAさんが入院を継続しているので今後の手続きがわからず弊事務所に相談にこられました。 当時Aさんは頭部を強打し脳挫傷により高次脳機能障害を発症、また、嗅覚が消失するという障害を発症しました。

【交渉過程】
 今回の事故では、当初保険会社の提示金額は1,700万円でした。

      ↓
 
 交渉の結果…

 示談金額が800万円増額の2,500万円に!!

 高次脳機能障害については当初の意識障害の所見があったので、これを前提に画像を精査、その上で医師に「神経系統の障害に関する医学的意見」について検査結果を詳細に記載していただくことを依頼 家族にも日常生活状況報告書に事故前と事故後の行動の違いについて詳細に記載してもらった。さらに事故前と後とで学校の試験結果の違いなどを客観的な報告に努めた結果後遺障害7級4号を獲得した。
 さらに嗅覚の脱失については医師にアリナミンテスト T&Tオルファクトメータ 検査を実施することを依頼し客観的に嗅覚が脱失していることの立証に努めた。その結果嗅覚の脱失については12級を獲得した。
 さらに、Aさんは事故前にてんかんを発症しており、これが既存障害として9級10号という認定を受けていた(既存障害とは「既存障害」がある部分と同一部位(同一系列を含む)に障害が生じて、より重い後遺障害を残すことになった状態です。 「既存障害」とは、今回の事故以前から、身体に存在していた後遺障害をいいます。 既存障害には、先天的なものや交通事故以外の事故を原因とする後遺障害も含みます。)
 この既存障害について予想より重い認定を受けたため、脳波検査結果を取り寄せて精査して、現在てんかんの症状を指し示す棘波が存在しないことやてんかん発作が最後に発症してから相当期間経過していることなど主張して異議申し立てを行った。
 
   

■今回の解決事例のポイント■

 てんかんに関する異議申し立てについてはてんかん抑制の薬を現在も服薬していることを理由に認められなかったが既存障害について異議申し立ての課程で理解を深めていただき納得していただいた。  
 損害額について、当初保険会社は嗅覚の脱失について日常生活に影響がないことを理由に賠償提案をしなかったが、Aさんが歯科衛生の学校に通っており、歯科衛生士の業務には嗅覚を利用して患者の状態を判断することが不可欠であることを衛生士論文を提出して立証。その結果嗅覚の脱失についても裁判基準による賠償額を獲得できた。

解決事例紹介

No.1 女性(46歳)・後遺障害等級認定なし:自宅付近の事故というストレスを慰謝料に反映させた事例

No.2 男性(46歳)・後遺障害等級14級:申告額とことなる収入を認めさせた事例

No.3 男性(76歳)・後遺障害等級なし:担当者の変更により、約束が反故にされかけた事例

No.4 女性(21歳)・後遺障害等級14級9号:逸失利益、慰謝料が争われた事例

No.5 女性(38歳)・後遺障害等級14級9号:通院慰謝料、後遺障害慰謝料を満額認めさせた事例

No.6 女性(42歳)・後遺障害等級14級9号:労働能力喪失期間の延長が認められた事例

No.7 男性(46歳)・後遺障害等級14級9号:求職中の場合に、前職の収入が基礎として認められた事例

No.8 男性(37歳)・後遺障害等級なし:保険会社が前言をひるがえしてきた事例

No.9 男性(37歳)・後遺障害等級12級13号:会社役員の逸失利益が認められた事例

No.10 女性(27歳)・後遺障害等級なし:極めて短期間で解決した事例

No.11 女性(28歳)・後遺障害等級9級10号(高次脳機能障害)、12級14号(外貌醜状):加害者の悪質さと怪我の大きさが慰謝料等に考慮された事例

No.12 男性(36歳)・後遺障害等級13級:内臓摘出という大けがに対する評価を改めさせた事例

No.13  女性(21歳)・後遺障害等級12級15号:顔のケガに対する適切な賠償を認めさせた事例

No.14 男性(41歳)女性(41歳)・後遺障害等級14級9号(男性)、非該当(女性):後遺障害等級認定に違いが出た事例

No.15 男性(34歳):MCL損傷につき12級13号の等級認定を得られた事例

No.16 男性(50歳):通院実績を加味してむちうちで14級9号の認定が得られた事例

No.17  女性(54歳)・後遺障害等級併合10級:保険会社の信義に反する主張と闘った事例

No.18 女性(17歳)・後遺障害等級なし:加害者が、任意保険に未加入であった事例

No.19 女性(46歳)・後遺障害等級14級9号:裁判基準が認められ、ストレスなく和解に至った事例

No.20 女性(56歳)・後遺障害等級14級9号:減収ない兼業主婦が、主婦としての休業損害・逸失利益が認められた事例

No.21 女性(54歳)・後遺障害等級14級9号:確定申告をしていない自営業者の休業損害や逸失利益を認めた事例

No.22 男性(42歳)・後遺障害等級なし:交通事故ではあまりない傷病についてストレスなく和解に至った事例

No.23 男性(44歳)・後遺障害等級14級:居眠り運転の悪質性により10%増額+特別休暇喪失分損害をみとめさた事例

No.24 男性(45歳)・後遺障害等級なし:交通事故ではあまりない傷病についてストレスなく和解に至った事例

No.25 男性(63歳)・後遺障害等級なし:相手方が任意保険に加入していない場合で、全額賠償を得られた事例

No.26 男性(45歳)・後遺障害等級14級9号:保険会社の対応が不誠実で、損害賠償額の増加が認められた事例

No.27 女性・物損事故・駐車場内での事故で、損害賠償額の増加が認められた事例

No.28 女性(25歳)・後遺障害等級なし:治療期間の延長及び慰謝料の増額が認められた事例

No.29 男性(30歳)・後遺障害等級12級5号:最適な等級認定獲得及び過失割合を争い交渉に成功した事例

No.30 男性(49歳)・頸椎挫傷・後遺障害等級14級9号:自営業者の基礎収入を提案の2倍以上で示談した事例

No.31 男性(35歳)高次脳機能傷害:30年前の交通事故に基づく高次脳機能障害を被った被害者の賠償請求について和解金を獲得した事例

NO.32 男性・物損事故の交渉(弁護士費用特約有)

No.33 男性(35歳) 後遺障害を申請せず、裁判基準よりも高額な示談金を獲得した事例

No.34 女性(26歳)・弁護士特約を利用し、既払い額に上乗せして裁判基準額で示談した事例

No.35 女性(40歳)後遺障害等級14級9号:休業損害の算定でパートではなく主婦としての代金を算定し示談金が高くなった事例

No.36 男性(21歳)後遺障害等級認定12級13号:靱帯損傷:約1000万円の賠償金を獲得できた事例

No.37 女性(48歳)・後遺障害等級認定14級9号:2つの事故を解決した事例

No.38女性(38歳) 治療費の支払い期間を延長し、慰謝料も裁判基準の額で成立した事例

NO.39男性(60歳)後遺障害等級認定14級9号:保険会社に不足分を請求し、充実した賠償金を得た事例

No.40 夫婦(50代) 治療費の支払を打ち切られたが、後日加害者に請求し示談金が支払われた事例

No.41女性(30歳)後遺障害の申請をせず希望通り早期解決し、裁判基準の慰謝料を得られた事例

No.42男性(26歳)後遺障害非該当だったのを後遺障害併合11級との認定に覆し、和解金が約24倍になった事例

No.43男性(43歳)依頼者様にも過失が見られ交渉が大きな問題であったが、早期解決ができた事例

No.44男性(66歳)後遺障害認定はとれなかったが、通常より多額の慰謝料を獲得できた事例

No.45男性(35歳)・後遺障害等級認定なし:弁護士が交渉したことにより裁判基準での解決ができた事例

No.46 男性(37歳)・後遺障害等級認定なし:過失割合に争いがあった事例

No.47 男性(40歳)・後遺障害等級認定なし:類似事例を提示することにより賠償額がアップした事例

No.48 男性(66歳)・後遺障害等級認定なし:医学的見地から通常より多額の慰謝料を得た事例

No.49 男性・物損事故:過失割合で争いのあった事例

No.50 男性(53歳)・後遺障害等級認定なし:後遺障害等級認定で非該当という結果ではあるが裁判基準での慰謝料を獲得した事例

No.51 男性(45歳)・後遺障害等級14級9号:粘り強く交渉した結果裁判基準の慰謝料と逸失利益を獲得できた事例

No.52 女性(35歳)・後遺障害等級認定なし:妊娠中の事故での不安を和らげるお手伝いができた事例

No.53 男性(43歳)・後遺障害等級認定併合14級:過失割合で問題があったがスムーズに解決できた事例

No.54 男性(18歳)・後遺障害等級認定なし:裁判基準での慰謝料を獲得できた事例

No.55 男性(47歳)・後遺障害等級認定なし:保険会社から通院を打ち切られた事例

No.56 男性(44歳)・後遺障害等級14級9号:通院中に適切なアドバイスができたことで妥当な後遺障害等級の認定を受けることができた事例

No.57 男性(49歳)・後遺障害等級9級10号:通院中に適切なアドバイスができたことで妥当な後遺障害等級の認定を受けることができた事例

No.58 男性(68歳)・後遺障害等級認定なし:通院期間が短かったことから後遺障害非該当となった事例

No.59 男性(21歳)・後遺障害等級認定14級9号:刑事記録などをもとにして有利な交渉ができた事例

No.60 男性(42歳)・後遺障害等級認定併合14級:弁護士が介入することで裁判基準の慰謝料が獲得できた事例

No.61 女性(42歳)・後遺障害等級認定12級14号:事故により傷跡が残った場合の後遺障害逸失利益が争われた事例

No.62 男性(40歳)・後遺障害等級認定14級9号:自営業者の休業損害で争いのあった事例

No.63 男性(31歳)・後遺障害等級認定申請せず:後遺障害等級申請をせずに傷害部分についての示談で100万円を獲得した事例

No.64 男性(36歳)・後遺障害等級認定14級:裁判基準での慰謝料・逸失利益が認められ保険会社提示額から約120万円増額した事例

No.65 男性(51歳)・後遺障害等級認定14級:失業中の事故で逸失利益が争いとなった事例

No.66 女性(62歳)・後遺障害等級認定なし:事故後の治療方針に問題があったが、弊事務所と提携する放射線科医による画像鑑定を証拠に訴訟した事例

No.67 男性(55歳)・後遺障害等級認定併合9級:事業を始められてすぐに事故に遭われた事例

No.68 男性(43歳)・後遺障害等級認定非該当:少ない通院日数での交渉の事例

No.69 男性(27歳)・後遺障害等級認定せず:以前の事故と今回の事故の傷の区別がつかず物損の対応ができないと言われた事例

No.70 女性(93歳)・後遺障害等級認定せず:相談者が高齢で保険会社との交渉が難しい場合の事例

No.71 男性(31歳)・後遺障害等級認定非該当:後遺障害等級認定が非該当の場合の事例

No.72 女性(44歳)・後遺障害等級認定併合14級:休業損害で交渉して解決できた事例

No.73 男性(44歳)・後遺障害等級認定非該当:自営業で赤字であったため休業損害で争いがあった場合の事例

No.74 男性(30歳)・後遺障害等級認定なし:通院日数が少なく、速度制限違反もあった場合の事例

No.75 女性(21歳)・後遺障害等級認定なし:以前にも交通事故でご相談頂いたことがある場合の事例

No.76 男性(55歳)・後遺障害等級認定なし:ご依頼頂いてから3日の交渉で示談できた場合の事例

No.77 男性(50歳)・後遺障害等級認定非該当:自賠責基準の低額を提示された場合の事例

No.78 男性(43歳)・後遺障害等級認定非該当:当初は認められなかった物損の賠償が、認められた場合の事例

No.79 女性(58歳)・後遺障害等級認定非該当:主婦の休業損害を請求した場合の事例

No.80 女性(29歳)・後遺障害等級認定非該当:事故当時無職で休業損害の交渉をした場合の事例

No.81 女性(57歳)・後遺障害等級認定非該当:保険会社から休業損害が支払われないち言われた場合の事例

No.82 男性(46歳)・後遺障害等級認定14級:自営業で休業日数の立証が困難な場合の事例

No.83 男性(70歳)・後遺障害等級認定14級:会社に資料提出の協力を得られず休業損害の交渉が難航した事例

No.84 男性(36歳)・後遺障害等級認定非該当:相手が無過失を主張していた場合の事例

No.85 男性(19歳)・後遺障害等級認定非該当:落下物回避のため転倒した場合の事例

No.86 女性(51歳)・後遺障害等級認定14級:保険会社から治療費の支払いを打ち切られそうになった場合の事例

No.87 男性(72歳)・後遺障害等級認定非該当:否定される可能性のある交通費があった場合の事例

No.88 女性(42歳)・後遺障害等級認定14級:パートの休業損害が認められなかった場合の事例

No.89 女性(29歳)・後遺障害等級認定14級:休業損害・物損において当初認められなかった部分が交渉で認められた場合の事例

No.90 男性(59歳)・後遺障害等級認定非該当:代車費用が認められなかった場合の事例

No.91 女性(20歳)・高次脳機能障害7級4号:外傷性てんかんに関する事例

No.92 男性(35歳)・後遺障害等級認定非該当:症状固定により治療費を打ち切られた場合の事例

No.93 男性(57歳)・後遺障害等級認定14級:物損の示談時に自転車保険料が支払ってもらえていなかった場合の事例

No.94 女性(43歳)・後遺障害等級認定14級:当初ゼロ提示だった休業損害を得ることができた場合の事例

No.95 男性(38歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、弁護士特約を利用できないと言われた場合の事例

No.96 男性(38歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、物損について相手方に全損扱いの金額を出されていた事例

No.97 男性(67歳)・後遺障害等級認定非該当:相手方保険会社が休業損害を途中で支払わなくなった事例

No.98 男性(27歳)・後遺障害等級認定非該当:第2事故で怪我をしたが、当初、警察に物損処理とされていた事例

No.99 男性(26歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、相手方保険会社から治療費の打ち切りを迫られた事例

No.100 男性(28歳)・後遺障害等級認定1級:高次脳機能障害で弊事務所と協力関係にある専門医師に診てもらった場合の事例

No.101 男性(25歳)・後遺障害等級認定非該当:過失割合について相手方と見解の違いがあった事例

No.102 女性(86歳)・後遺障害等級認定非該当:高齢のため休業損害の認定が難航した事例

No.103 男性(22歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、相手方保険会社が治療費の支払いを認めなかった事例

No.104 女性(18歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、相手方保険会社の提示金額に納得がいかなかった事例

No.105 女性(28歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、弁護士特約を利用できないと言われた事例

No.106 男性(45歳)・後遺障害等級認定非該当:過失割合について納得できず、ご相談に来られた事例

No.107 男性(44歳)・後遺障害等級認定非該当:裁判基準の満額での支払いを認めさせた事例

No.108 女性(40歳)
後遺障害等級認定非該当:弁護士費用特約を利用した事例

No.109 男性(40歳)
後遺障害等級認定非該当:弁護士費用特約を利用した事例

No.110 女性(41歳)
後遺障害等級認定非該当:パート勤務で休業損害が認められた事例

No.111 男性(74歳)
後遺障害等級認定非該当:後遺障害非該当の結果を受けて、異議申立を求めた事例

No.112 女性(52歳)
後遺障害等級認定非該当:過失を認めていなかった相手に対して、過失を認めさせた事例

No.113 男性(52歳)
後遺障害等級認定非該当:後遺障害非該当の結果を受け、異議申立についてご相談された事例

No.114 女性(40歳)
後遺障害等級認定該当:後遺障害該当の結果を受けた事例
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707 交通事故による骨折について 2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png

Contents Menu

200jikoask.png