• HOME
  • 解決事例
  • 男性(72歳)・後遺障害等級認定非該当:否定される可能性のある交通費があった場合の事例

No.87


依頼者:男性(症状固定時 72歳)
等  級:非該当
傷病名:頚部捻挫
職業:会社代表

【事故態様】  自動車VS自動車

相談者が信号待ちで停車中、後方から追突されました。
保険会社と揉めた結果、相手方に代理人がついたため、来所されました。 

【交渉過程】
 今回の事故では、相談者は保険会社と揉めており、相手方が代理人をつけてきました。
また、休業損害と領収書のないタクシー代については裁判では否定される可能性がありました。

      ↓
 
 交渉の結果…
 70万7,430円で示談が成立しました!!!!
 
   

■今回の解決事例のポイント■

 弁護士介入により、裁判基準で計算された損害金が認められました。
 更に、裁判では否定される可能性のある休業損害、領収書のないタクシー代についても認められました。
 保険会社との交渉でお困りの場合、是非一度弁護士にご一任いただきたいと思います。


※積極損害とは・・・
交通事故による怪我での治療費や、入院費、交通事故が原因で出費が発生した場合の損害のことです。主に治療費や通院交通費などがあります。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト