• HOME
  • 解決事例
  • 女性(21)・後遺障害等級認定なし:以前にも交通事故でご相談頂いたことがある場合の事例

No.75


依頼者:女性(症状固定時 21歳)
等  級:後遺症認定なし
傷病名:頚椎捻挫
職業:大学生(アルバイト)

【事故態様】  自動車VS大型自動二輪車

 相談者が自動車で走行中、前方が渋滞していたため減速したところ、後方から大型自動二輪車に追突されました。
 以前にも弊事務所に交通事故の処理を依頼されたことがあり、弁護士特約にも加入していたため、交渉を任せていただくことになりました。

【交渉過程】
 今回の事故では、裁判になると現在の提示額より金額が下がる可能性がありましたが、それを踏まえて相談者と話し合い、交渉を行いました。

      ↓
 
 交渉の結果…
 裁判所基準の満額(2万1千円程度)以上の金額の、25万円で示談解決することができました!
   

■今回の解決事例のポイント■

 今回の事例においては、相手方からの謝罪がなかったことや、途中の保険会社の対応にお怒りであったため、謝罪文言付きの示談書を作成するよう交渉いたしました。
 保険会社との交渉や、相手方とのやりとりにおいても、是非、弁護士にご一任いただきたいと思います。


※示談金とは・・・
交通事故被害者の全ての損害を金額に換算して(=損害賠償金)、被害者、加害者双方が合意した金額のことです。被害者の損害の中には、治療費、休業損害、入院雑費、通院交通費などと共に、精神的な苦痛を金銭に換算した「慰謝料」も含まれます。



布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト