• HOME
  • 解決事例
  • 90839)女性(38歳)治療費の支払い期間を延長し、慰謝料も裁判基準の額で成立した事例

 

 

依頼者:30代女性

ご依頼内容:保険会社との期間延長交渉

**********************************************************************************************

ご依頼頂いた理由

事故後、ご依頼者様は頚部痛等により主に整骨院に通院していたが、事故から6ヶ月経過した時点で、相手方保険会社が治療費を打ち切ると通告してきた為。

 

事故の状況

依頼者様が自動車を運転中、信号待ちで停車していたところ、後方から追突された。

 

弊事務所の対応

ご依頼後、弁護士が相手方保険会社と交渉し、治療費の支払を2ヶ月延長してもらうことができました。

その後、8ヶ月の通院期間を根拠として、裁判基準で示談が成立しました。

 

今回のポイントは、弁護士が介入し相手方保険会社と交渉したことにより、治療費の支払い期間を延長することができたことです!

また裁判基準の慰謝料の支払いをえ得ることができたこともポイントです。

弁護士が介入するか、しないかで、上記のように通院期間の延長だけでなく、慰謝料も裁判基準の額になるかもしれません!!

少しでも納得いかないかたは、いつでもご相談ください。

フリーダイヤル

0120-155-456

 

布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト