• HOME
  • 解決事例
  • 30年前の交通事故に基づく高次脳機能障害を被った被害者の賠償請求について和解金を獲得した事例

No.31


依頼者:男性(症状固定時 35歳)
等  級:5級相当
傷病名:高次脳機能障害

【事案の内容】
本件は、原告が約30年前に発生した交通事故(以下「本件事故」という)の損害賠償請求を、加害者の相続人及び当時加害者が損害賠償保険契約を締結していた保険会社に対して、事故から30年後に発覚した高次脳機能障害の後遺症の損害賠償を求めた事案です。



【事故態様】 自転車VS自動車

被害者Xは、小学2年生の時に、自転車で道路に出たところ、速度超過した加害車両Yに衝突しました。

 
当時(約30年前)は、「高次脳機能障害」という傷病名はなかったため、外傷として左足の複雑骨折だけが問題とされ、脳機能障害については不問のまま、小学校5年生時に症状固定となり、一定額の損害金にて示談されていました。

 Xの母X2は、Xが事故後明らかに人格が変わったことに気が付かれておりましたが、原因がわからないままでした。
具体的に挙げますと、
・それまで活発だったがおとなしくなったこと
・事故前は成績良かったのに、記憶力・集中力・同時遂行能力などが事故後明らかに能力減退していること
等です。
 原因が分からないため、何の手も打てぬまま、Xは中学を卒業し、就職しましたが、
そばや、工場、飲食店等職を30近く転々とすることになりました。
 困り果てたX2が、Xの就労について職業訓練所に相談に行ったところ、Xを見た指導員が「高次脳機能障害かもしれない」という指摘をし、初めて高次脳機能障害という傷病名があることを知り、当事務所に相談に来られました。



【交渉過程】
1)当事務所ではまず、当時の医療記録の収集を試みました。
しかしながら、如何せん30年前の事故である故に病院では記録を破棄していました。

2)協力医師の助力を得て、Xの神経心理学検査等を再施行し、後遺障害等級認定の診断書を作成していただきました。
その後遺障害等級認定の診断書によると、後遺障害5級相当の症状であることがわかりました。

3)本件事故の加害者は死亡していたため、その相続人調査を行い、加害者の相続人と当時加害者が損害賠償保険契約を結んでいた保険会社を相手に、損害賠償請求訴訟を提起しました。
問題点
・除斥期間・・・不法行為に基づく損害賠償請求は不法行為の時から20年経過により除斥期間経過として権利行使できなくなる(民法724条後段)。

本件は、除斥期間を経過しているかどうかが問題でした。

もっとも、一部公害訴訟(じん肺訴訟)においては不法行為の損害の発生時点について潜伏期間をえて症状が発言したときが損害発生時として評価する最高裁判所の判例があります(最判平成16年4月27日)。
また、被害者が被害に遭った際に心神喪失状態にあるため自ら権利行使できない場合に、除斥期間経過後、後見人が就任してから損害賠償請求した事案において事項停止の法理を援用して除斥期間の効果を制限する最高裁判所の判例もあります(平成10年6月12日)。

本件においてもこれらの判例法理にを援用し除斥期間の効果を制限すべく主張を尽くしました。
援用できる法理は全て援用したものの上記最高裁判所判例は特殊事案に関する判例であり、そのまま本件に該当するものではないと裁判官の見解を示唆されました。
しかし、和解交渉にてYらから和解金100万円を引き出し和解にしました。
Xらも、もともと困難な主張であることは認識しており、後悔せぬように訴訟提起する意向であったため、望外の和解金を取得でき、喜んでいただけました。

■今回の解決事例のポイント■

●高次脳機能障害という病名が認識されていなかったため、苦労を重ねた被害者とその家族の訴えを遂げたこと。
本件の特殊性は何と言っても、事故から30年も経過している点です。
30年前には高次脳機能障害という傷病名もなかったので、当時交通事故により高次脳機能障害を煩った被害者は事故により自分がどのような障害を被ったかを認識しないまま示談している可能性があります。
本件についてもかかる不合理があり、社会正義を貫徹するために難事件に挑みました。

すなわち、不法行為に基づく損害賠償請求は不法行為の時から20年経過により除斥期間経過として権利行使できなくなる(民法724条後段)。本件でもどのようにとらえても除斥期間を形式的には経過している事案でした。
もっとも、一部公害訴訟(じん肺訴訟)においては不法行為の損害の発生時点について潜伏期間をえて症状が発言したときが損害発生時として評価する最高裁判所の判例があります(最判平成16年4月27日)し、
また、被害者が被害に遭った際に心神喪失状態にあるため自ら権利行使できない場合に、除斥期間経過後、後見人が就任してから損害賠償請求した事案において事項停止の法理を援用して除斥期間の効果を制限する最高裁判所の判例もあります(平成10年6月12日)。
本件においてもこれらの判例法理にを援用し除斥期間の効果を制限すべく主張を尽くしました。

援用できる法理は全て援用したものの上記最高裁判所判例は特殊事案に関する判例であり、そのまま本件に該当するものではありませんでした。
しかし、和解交渉にてYらから和解金100万円を引き出し和解に成功しました。

依頼者XとX2は、原因がわからぬまま、30年余りも後遺障害を背負って生活されてきました。そのご苦労は想像に難くありません。本件では、そのお気持ちを社会に訴えるため、提訴に踏み切りました。そもそも請求の難しい事件である中で、和解できたことは依頼者にとって、とても意味のあることでした。

請求できるかどうかわからないけれど、納得できない思いを抱えて生活されている交通事故被害者の方はまだまだいらっしゃると思います。どうかご自分の気持ちを押し殺す前に、専門家にご相談ください。それも、なるべく早めにご相談いただきたいと思います。請求できるかどうか、あるいは、納得すべき状況なのかどうか、弁護士が親身にアドバイスさせていただきます。
お気軽に、ご相談ください。



 

  

解決事例紹介

No.1 女性(46歳)・後遺障害等級認定なし:自宅付近の事故というストレスを慰謝料に反映させた事例

No.2 男性(46歳)・後遺障害等級14級:申告額とことなる収入を認めさせた事例

No.3 男性(76歳)・後遺障害等級なし:担当者の変更により、約束が反故にされかけた事例

No.4 女性(21歳)・後遺障害等級14級9号:逸失利益、慰謝料が争われた事例

No.5 女性(38歳)・後遺障害等級14級9号:通院慰謝料、後遺障害慰謝料を満額認めさせた事例

No.6 女性(42歳)・後遺障害等級14級9号:労働能力喪失期間の延長が認められた事例

No.7 男性(46歳)・後遺障害等級14級9号:求職中の場合に、前職の収入が基礎として認められた事例

No.8 男性(37歳)・後遺障害等級なし:保険会社が前言をひるがえしてきた事例

No.9 男性(37歳)・後遺障害等級12級13号:会社役員の逸失利益が認められた事例

No.10 女性(27歳)・後遺障害等級なし:極めて短期間で解決した事例

No.11 女性(28歳)・後遺障害等級9級10号(高次脳機能障害)、12級14号(外貌醜状):加害者の悪質さと怪我の大きさが慰謝料等に考慮された事例

No.12 男性(36歳)・後遺障害等級13級:内臓摘出という大けがに対する評価を改めさせた事例

No.13  女性(21歳)・後遺障害等級12級15号:顔のケガに対する適切な賠償を認めさせた事例

No.14 男性(41歳)女性(41歳)・後遺障害等級14級9号(男性)、非該当(女性):後遺障害等級認定に違いが出た事例

No.15 男性(34歳):MCL損傷につき12級13号の等級認定を得られた事例

No.16 男性(50歳):通院実績を加味してむちうちで14級9号の認定が得られた事例

No.17  女性(54歳)・後遺障害等級併合10級:保険会社の信義に反する主張と闘った事例

No.18 女性(17歳)・後遺障害等級なし:加害者が、任意保険に未加入であった事例

No.19 女性(46歳)・後遺障害等級14級9号:裁判基準が認められ、ストレスなく和解に至った事例

No.20 女性(56歳)・後遺障害等級14級9号:減収ない兼業主婦が、主婦としての休業損害・逸失利益が認められた事例

No.21 女性(54歳)・後遺障害等級14級9号:確定申告をしていない自営業者の休業損害や逸失利益を認めた事例

No.22 男性(42歳)・後遺障害等級なし:交通事故ではあまりない傷病についてストレスなく和解に至った事例

No.23 男性(44歳)・後遺障害等級14級:居眠り運転の悪質性により10%増額+特別休暇喪失分損害をみとめさた事例

No.24 男性(45歳)・後遺障害等級なし:交通事故ではあまりない傷病についてストレスなく和解に至った事例

No.25 男性(63歳)・後遺障害等級なし:相手方が任意保険に加入していない場合で、全額賠償を得られた事例

No.26 男性(45歳)・後遺障害等級14級9号:保険会社の対応が不誠実で、損害賠償額の増加が認められた事例

No.27 女性・物損事故・駐車場内での事故で、損害賠償額の増加が認められた事例

No.28 女性(25歳)・後遺障害等級なし:治療期間の延長及び慰謝料の増額が認められた事例

No.29 男性(30歳)・後遺障害等級12級5号:最適な等級認定獲得及び過失割合を争い交渉に成功した事例

No.30 男性(49歳)・頸椎挫傷・後遺障害等級14級9号:自営業者の基礎収入を提案の2倍以上で示談した事例

No.31 男性(35歳)高次脳機能傷害:30年前の交通事故に基づく高次脳機能障害を被った被害者の賠償請求について和解金を獲得した事例

NO.32 男性・物損事故の交渉(弁護士費用特約有)

No.33 男性(35歳) 後遺障害を申請せず、裁判基準よりも高額な示談金を獲得した事例

No.34 女性(26歳)・弁護士特約を利用し、既払い額に上乗せして裁判基準額で示談した事例

No.35 女性(40歳)後遺障害等級14級9号:休業損害の算定でパートではなく主婦としての代金を算定し示談金が高くなった事例

No.36 男性(21歳)後遺障害等級認定12級13号:靱帯損傷:約1000万円の賠償金を獲得できた事例

No.37 女性(48歳)・後遺障害等級認定14級9号:2つの事故を解決した事例

No.38女性(38歳) 治療費の支払い期間を延長し、慰謝料も裁判基準の額で成立した事例

NO.39男性(60歳)後遺障害等級認定14級9号:保険会社に不足分を請求し、充実した賠償金を得た事例

No.40 夫婦(50代) 治療費の支払を打ち切られたが、後日加害者に請求し示談金が支払われた事例

No.41女性(30歳)後遺障害の申請をせず希望通り早期解決し、裁判基準の慰謝料を得られた事例

No.42男性(26歳)後遺障害非該当だったのを後遺障害併合11級との認定に覆し、和解金が約24倍になった事例

No.43男性(43歳)依頼者様にも過失が見られ交渉が大きな問題であったが、早期解決ができた事例

No.44男性(66歳)後遺障害認定はとれなかったが、通常より多額の慰謝料を獲得できた事例

No.45男性(35歳)・後遺障害等級認定なし:弁護士が交渉したことにより裁判基準での解決ができた事例

No.46 男性(37歳)・後遺障害等級認定なし:過失割合に争いがあった事例

No.47 男性(40歳)・後遺障害等級認定なし:類似事例を提示することにより賠償額がアップした事例

No.48 男性(66歳)・後遺障害等級認定なし:医学的見地から通常より多額の慰謝料を得た事例

No.49 男性・物損事故:過失割合で争いのあった事例

No.50 男性(53歳)・後遺障害等級認定なし:後遺障害等級認定で非該当という結果ではあるが裁判基準での慰謝料を獲得した事例

No.51 男性(45歳)・後遺障害等級14級9号:粘り強く交渉した結果裁判基準の慰謝料と逸失利益を獲得できた事例

No.52 女性(35歳)・後遺障害等級認定なし:妊娠中の事故での不安を和らげるお手伝いができた事例

No.53 男性(43歳)・後遺障害等級認定併合14級:過失割合で問題があったがスムーズに解決できた事例

No.54 男性(18歳)・後遺障害等級認定なし:裁判基準での慰謝料を獲得できた事例

No.55 男性(47歳)・後遺障害等級認定なし:保険会社から通院を打ち切られた事例

No.56 男性(44歳)・後遺障害等級14級9号:通院中に適切なアドバイスができたことで妥当な後遺障害等級の認定を受けることができた事例

No.57 男性(49歳)・後遺障害等級9級10号:通院中に適切なアドバイスができたことで妥当な後遺障害等級の認定を受けることができた事例

No.58 男性(68歳)・後遺障害等級認定なし:通院期間が短かったことから後遺障害非該当となった事例

No.59 男性(21歳)・後遺障害等級認定14級9号:刑事記録などをもとにして有利な交渉ができた事例

No.60 男性(42歳)・後遺障害等級認定併合14級:弁護士が介入することで裁判基準の慰謝料が獲得できた事例

No.61 女性(42歳)・後遺障害等級認定12級14号:事故により傷跡が残った場合の後遺障害逸失利益が争われた事例

No.62 男性(40歳)・後遺障害等級認定14級9号:自営業者の休業損害で争いのあった事例

No.63 男性(31歳)・後遺障害等級認定申請せず:後遺障害等級申請をせずに傷害部分についての示談で100万円を獲得した事例

No.64 男性(36歳)・後遺障害等級認定14級:裁判基準での慰謝料・逸失利益が認められ保険会社提示額から約120万円増額した事例

No.65 男性(51歳)・後遺障害等級認定14級:失業中の事故で逸失利益が争いとなった事例

No.66 女性(62歳)・後遺障害等級認定なし:事故後の治療方針に問題があったが、弊事務所と提携する放射線科医による画像鑑定を証拠に訴訟した事例

No.67 男性(55歳)・後遺障害等級認定併合9級:事業を始められてすぐに事故に遭われた事例

No.68 男性(43歳)・後遺障害等級認定非該当:少ない通院日数での交渉の事例

No.69 男性(27歳)・後遺障害等級認定せず:以前の事故と今回の事故の傷の区別がつかず物損の対応ができないと言われた事例

No.70 女性(93歳)・後遺障害等級認定せず:相談者が高齢で保険会社との交渉が難しい場合の事例

No.71 男性(31歳)・後遺障害等級認定非該当:後遺障害等級認定が非該当の場合の事例

No.72 女性(44歳)・後遺障害等級認定併合14級:休業損害で交渉して解決できた事例

No.73 男性(44歳)・後遺障害等級認定非該当:自営業で赤字であったため休業損害で争いがあった場合の事例

No.74 男性(30歳)・後遺障害等級認定なし:通院日数が少なく、速度制限違反もあった場合の事例

No.75 女性(21歳)・後遺障害等級認定なし:以前にも交通事故でご相談頂いたことがある場合の事例

No.76 男性(55歳)・後遺障害等級認定なし:ご依頼頂いてから3日の交渉で示談できた場合の事例

No.77 男性(50歳)・後遺障害等級認定非該当:自賠責基準の低額を提示された場合の事例

No.78 男性(43歳)・後遺障害等級認定非該当:当初は認められなかった物損の賠償が、認められた場合の事例

No.79 女性(58歳)・後遺障害等級認定非該当:主婦の休業損害を請求した場合の事例

No.80 女性(29歳)・後遺障害等級認定非該当:事故当時無職で休業損害の交渉をした場合の事例

No.81 女性(57歳)・後遺障害等級認定非該当:保険会社から休業損害が支払われないち言われた場合の事例

No.82 男性(46歳)・後遺障害等級認定14級:自営業で休業日数の立証が困難な場合の事例

No.83 男性(70歳)・後遺障害等級認定14級:会社に資料提出の協力を得られず休業損害の交渉が難航した事例

No.84 男性(36歳)・後遺障害等級認定非該当:相手が無過失を主張していた場合の事例

No.85 男性(19歳)・後遺障害等級認定非該当:落下物回避のため転倒した場合の事例

No.86 女性(51歳)・後遺障害等級認定14級:保険会社から治療費の支払いを打ち切られそうになった場合の事例

No.87 男性(72歳)・後遺障害等級認定非該当:否定される可能性のある交通費があった場合の事例

No.88 女性(42歳)・後遺障害等級認定14級:パートの休業損害が認められなかった場合の事例

No.89 女性(29歳)・後遺障害等級認定14級:休業損害・物損において当初認められなかった部分が交渉で認められた場合の事例

No.90 男性(59歳)・後遺障害等級認定非該当:代車費用が認められなかった場合の事例

No.91 女性(20歳)・高次脳機能障害7級4号:外傷性てんかんに関する事例

No.92 男性(35歳)・後遺障害等級認定非該当:症状固定により治療費を打ち切られた場合の事例

No.93 男性(57歳)・後遺障害等級認定14級:物損の示談時に自転車保険料が支払ってもらえていなかった場合の事例

No.94 女性(43歳)・後遺障害等級認定14級:当初ゼロ提示だった休業損害を得ることができた場合の事例

No.95 男性(38歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、弁護士特約を利用できないと言われた場合の事例

No.96 男性(38歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、物損について相手方に全損扱いの金額を出されていた事例

No.97 男性(67歳)・後遺障害等級認定非該当:相手方保険会社が休業損害を途中で支払わなくなった事例

No.98 男性(27歳)・後遺障害等級認定非該当:第2事故で怪我をしたが、当初、警察に物損処理とされていた事例

No.99 男性(26歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、相手方保険会社から治療費の打ち切りを迫られた事例

No.100 男性(28歳)・後遺障害等級認定1級:高次脳機能障害で弊事務所と協力関係にある専門医師に診てもらった場合の事例

No.101 男性(25歳)・後遺障害等級認定非該当:過失割合について相手方と見解の違いがあった事例

No.102 女性(86歳)・後遺障害等級認定非該当:高齢のため休業損害の認定が難航した事例

No.103 男性(22歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、相手方保険会社が治療費の支払いを認めなかった事例

No.104 女性(18歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、相手方保険会社の提示金額に納得がいかなかった事例

No.105 女性(28歳)・後遺障害等級認定非該当:当初、弁護士特約を利用できないと言われた事例

No.106 男性(45歳)・後遺障害等級認定非該当:過失割合について納得できず、ご相談に来られた事例

No.107 男性(44歳)・後遺障害等級認定非該当:裁判基準の満額での支払いを認めさせた事例

No.108 女性(40歳)
後遺障害等級認定非該当:弁護士費用特約を利用した事例

No.109 男性(40歳)
後遺障害等級認定非該当:弁護士費用特約を利用した事例

No.110 女性(41歳)
後遺障害等級認定非該当:パート勤務で休業損害が認められた事例

No.111 男性(74歳)
後遺障害等級認定非該当:後遺障害非該当の結果を受けて、異議申立を求めた事例

No.112 女性(52歳)
後遺障害等級認定非該当:過失を認めていなかった相手に対して、過失を認めさせた事例

No.113 男性(52歳)
後遺障害等級認定非該当:後遺障害非該当の結果を受け、異議申立についてご相談された事例

No.114 女性(40歳)
後遺障害等級認定該当:後遺障害該当の結果を受けた事例
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707 交通事故による骨折について 2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png

Contents Menu

200jikoask.png