• HOME
  • 介護保険についてと交通事故

交通事故により介護保険が必要になったら

交通事故事故にあう可能性は誰にでもあります。
ですが、普段生活している中でそのことを意識している人は少ないと思います。
 
現在私は車の運転をしていませんが、過去にはしており何度か交通事故をおこしたことがあります。
幸い人に怪我をさせたことはないのですが、とても怖い思い出として私の記憶に残っています。
有名人の方が交通事故をおこしたとよくニュースになっていますが本当に気をつけたいものです。
 
交通事故の後遺症により介護保険のサービスを利用する場合もあります。
その場合、交通事故証明書などの提出が必要なようですが、利用した介護サービス費用の保険給付分は加害者に請求されるようです。
これはぜひとも覚えておきたいことだと思います。
 
ですが、こういったことはやはり専門の知識を持った弁護士に一度相談したほうがなにかと安心ですし、お勧めします。
加害者の方との示談が成立したあと、介護サービス費用の保険給付分を加害者に請求できなくなる場合もあるようなのでそういった細かいことは弁護士に相談したほうが後々自分が困らないために必要だと感じます。
またインターネットで気軽に弁護士に相談できるサイトもあります。

事故にあった後の保険金について

介護保険についてもそうですが、後遺症が残った場合障害の程度によって支払われる保険金の額もかわってくるようなので、弁護士に相談したほうが良いと感じます。
 
自分だけで判断して、保険会社のいわれるまま支払われる保険金の額を承認するよりも、一度弁護士に相談するともらえる保険金の額が増えることも多々あるようです。
 
もし自分が交通事故の後遺症で介護のサービス受ける側になったらと考えると、普段からもし事故になったらどこの弁護士に相談したほうが良いのか、ということも考えておくと良いかもしれないと感じます。
 
弁護士によって、交通事故の介護保険について詳しい人、またはあまり詳しくない人がいるのが現実です。
それなので、選んだ弁護士によってもらえる金額がまったく違ってきてしまうということもおこりうるのです。
 
また介護の方法も、在宅介護か施設介護にわけられます。それによってももらえる金額は異なってきます。
在宅介護の場合近親者による介護だとだいたい日額8000円がもらえるようです。施設介護の場合はケースによりますが25万円から30万円が多いようです。

介護保険についてと交通事故について

このように、介護保険についてや、事故の保険金についていろいろと述べてきましたが、やはり一番大事なのは事故にあってしまったら信頼できる人に相談するということです。
 
そして、専門的な知識を持っている交通事故について詳しい弁護士に相談するべきです。
これは、自分だけではなく自分の身近な人たちが事故に合ってしまったときも同じなのでぜひこの記事に書いてあることを教えてあげて保険について損をしないようにしてあげられたらいいと感じます。
 
現代は車社会ですし、これからもずっと車社会は続くので事故とは無縁にならないのが現状です。
自分達で知識を持って賢く事故の対応ができるようになれたらいいと感じます。
布施駅徒歩30秒 06-6728-0707 交通事故による骨折について 2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png

Contents Menu

200jikoask.png