• HOME
  • 治療費を打ち切りますと言われたら

「治療費を打ち切ります!」といわれたときの対策



交通事故によりお怪我を負われて通院している方で、保険会社から突然、黒田先生

   「○月末をもって、治療費の支払いを打ち切ります!」


と言われて困っていませんか?

お怪我の状況にもよりますが、一番多い「むちうち」の方の場合、保険会社は


   「3~6ヶ月」


経過したところで、「治療費の打切り」を通告してくるのがほとんどです。
でも、「まだ痛い・シビレが残っている」などの症状が残っていることから、 「まだ病院に通いたいんだ!」 という方は多いのではないでしょうか?

当事務所には、このようなご相談が毎日のように寄せられています。
では、保険会社から「打ち切り」通告が来たら、諦めないといけないのでしょうか?
答えとしては、


  「諦めるのは早い!」


となります。

「打ち切り」の通告が来た際に、まずご確認いただきたいのは、


「主治医の先生は、症状固定(これ以上治療を続けても改善の見込みがない状態になること)と言っていますか?」


ということです。
なぜなら、「症状固定」がどうかは、保険会社が決めることではなく、医師が決めることだからです。
保険会社は、期間の経過ということだけで、「治療費の打ち切り」を通告してくることがあります。 その場合、被害者個人の事情を考慮していません。まだまだ回復する余地があるなら、「打ち切り通告」に対抗できることがあります!

また、仮に「治療費の打ち切り」にあったとしても、症状固定と医者が認めていないのであれば、症状固定までの治療費は、後に損害賠償請求の際に、請求することができますのでご安心ください。

その一方で、打ち切り通告に従って、症状固定をさせた方が良い方もおられます。 その判断は、症状や被害者の方のご事情によって異なり、難しい判断を要します。 つまり、 「打ち切り通告」に対抗するべきか(できるのか)、「打ち切り通告」に従った方が良いのかは、専門的な判断が必要! なのです。

保険会社から「打ち切り通告」をされた方、事故からそろそろ3ヶ月または6ヶ月経過する方、主治医の判断に疑問がある方は、一度当事務所にご相談下さい。


相談専用ダイヤル:0120-115‐456

弁護士法人i
 本部東大阪法律事務所

 大阪府東大阪市長堂1丁目8番37号 ヴェル・ノール布施5階
 (近鉄布施駅 出口でて徒歩30秒 地図はこちら


ImgTop19.jpg

東大阪交通事故・後遺障害無料相談室

弁護士紹介


事務所紹介


事務所の特徴

弁護士費用


無料相談


アクセス


布施駅徒歩30秒 06-6728-0707 交通事故による骨折について 2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png

Contents Menu

200jikoask.png