• HOME
  • 交通事故の慰謝料と弁護士への依頼

交通事故の慰謝料と弁護士への依頼



交通事故に万が一合ってしまうと、その後の生活や仕事の状況が大きく変わってしまうことが有ります。そのような時生活の支えとして重要なのが相手からの慰謝料です。しかし、この慰謝料は混同されがちですが、基本的には3つの算出方法があるので注意が必要です。それは自賠責保険や任意保険会社が設定した慰謝料の基準額と、弁護士会の判例による基準の3つです。自賠責保険は人身に対する損害のみですが、被害者に70パーセント以上の過失がなければ減額されないのが大きな特徴です。任意保険会社とは自賠責保険では保証しきれない内容をカバーするために、それぞれが任意で入る保険です。弁護士会の基準はあまり一般の方は耳馴染みの無い内容でしょうが、これまで蓄積された判例のデータを元に適切な慰謝料を算出するという方法です。これは多くの裁判所でも基準額の算出の際には用いられるので非常に重要な指標です。
このように交通事故の慰謝料といってもどちらかが一歩的に請求し決めるのではなく、支払ってもよい基準というものが存在し、その範囲内での交渉ということになります。その後の治療費や収入の保証など多くの複雑な利害が絡み合うので心労となりますが、避けては通れない道です。ぜひ弁護士に依頼するなど不利益のないような交渉にして下さい。
 
交通事故に巻き込まれた場合には、その後の生活や治療の保証として相手から慰謝料を受け取る事ができます。しかし、この慰謝料とは勝手に100万円・200万円といったように決定するのではなく、多くの基準と判断が存在します。まず慰謝料と言っても入院慰謝料と後遺症慰謝料、また死者が出た場合には死亡による慰謝料や近親者の慰謝料などがあります。入院慰謝料とは文字通り入院の際に受けた精神的苦痛に支払われる対価という位置付けです。入院では多くの心労や苦痛を伴うので、それに見合った慰謝料というものが支払われます。これらは保険会社などの他に弁護士会などの蓄積された判例などから算出されます。後遺症慰謝料も文字通り、事故後の後遺症に対する精神的苦痛などによって請求されます。交通事故の影響は直後だけでなくその後思わぬ形で出てきたりするので、トラブルが多いのもこの後遺症慰謝料です。死亡した場合には特殊な形として、家族などの近親者に慰謝料を請求する権利があります。これは交通事故で家族を失ったことへの苦痛に対しての慰謝料で、その他の治療費などよりも多額になる傾向があります。
このように一口に慰謝料といっても、請求されるケースにより様々なものが存在します。一般の方は中々知識が乏しいので、弁護士に依頼するなど負担の少ない方法で解決を目指して下さい。
 
交通事故に合ってしまった場合、治療費や車などの物損の他に、心的なダメージに対する慰謝料というものが発生します。この場合当事者が入院や後遺症に対する慰謝料を請求する場合もありますが、万が一死亡事故になった場合などは家族などが相手方に慰謝料を請求することがあります。この慰謝料ですが弁護士に依頼した方がいいケースと、反対に依頼しない方がいいケースがあります。なぜなら依頼にはいくつかハードルが存在するのも事実だからです。交通事故の深刻度合いによっては門前払いされることもありますし、こちらに過失が多かった場合などには依頼費用が大きく負担となることもあります。弁護士への依頼では通常着手金という形で事前にお金を支払います。その後は報酬金として慰謝料の一部を支払い、交通費や通信費などは実費として請求されます。このように依頼にはかなりの負担となる場合も多く、全てのケースで依頼者のメリットとなるとは限らないからです。
しかし、事故が重篤なものである場合は別です。こちらが支払う慰謝料もそうですが、相手から受け取る慰謝料も弁護士の腕次第で大きく異なります。依頼を検討する際にはこれらを見極めた上で適切な判断を行って下さい。また場合によれば初回は相談無料などというケースもあるので、ぜひそれらも積極的に活用して下さい。"


ImgTop19.jpg

東大阪交通事故・後遺障害無料相談室

弁護士紹介


事務所紹介


事務所の特徴

弁護士費用


無料相談


アクセス


布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト