• HOME
  • 「後遺障害」の認定を得るために必要なこと

「後遺障害」の認定を得るために必要なこと
 


交通事故が発生した場合、後遺障害をうけるにはまず人身事故と判断されている必要があります。事故直後は問題がないと思っても、あとから病状が悪化することはあるので、後遺症をまねくほどであれば、それが人身事故扱いであったか確認しましょう。
もし、物件事故扱いとなっていた場合は、医師の診断書をもって警察に出向き、人身事故にきりかえてもらいましょう。逆に言うと一度物件事故と判断されたからといって、そのご人身事故にできないという事ではないということですが、この切り替えは出来るだけ早い方が良いです。時間がたてばたつほど、警察側も切り替えを渋る傾向にあるので、まずは交通事故証明書をみて確認しましょう。
 
そして交通事故の内容が人身事故となっており、後遺障害と認定されるべきとしても、等級により賠償額が大きく変動してしまうので、医師の診断結果や労働能力にどの程度影響をあたえるかという書類作成が非常に重要となるわけですが、これらが適正であるかを判断するのは非常に難しいので、弁護士に頼った方が安心して事柄をすすめることができます。
 
さらに言えば、等級が決定しても実際の金額交渉においては裁判が重要となるので、こちらの意味でも弁護士の存在は非常に大きいでしょう。
 
後遺障害の認定を得るという事は、等級によって慰謝料や労働能力の喪失率を決定付けます。こうなると、同じ病状であっても医者の判断はもちろんの事、どの程度、労働能力を欠いたかを証明することも非常に重要です。これらはほぼ書面のみで判断されてしまうので、自分の状況を漏らさず記載することが必要になってきます。
 
たとえば、腕や足に怪我を負ったとして、それが事務職のサラリーマンの場合と、スポーツ選手であった場合では、喪失率が大きく違うわけですが、たとえどれだけ活躍しているスポーツ選手であっても書類に記載しなければ判断の材料にしてもらえません。
 
「少し考えればわかるだろう!」と言いたくなるような事も多々ありますが、審査終了後では意味がないので、最初からしっかりと書面に記載するべきなのですが、自身が記載した内容が不足ないかと考えると非常に不安でしょう。そういう意味も含めて交通事故はすぐに弁護士に頼った方が適切な申請を行うことが出来ます。
 
交通事故後において、この書類ありきという考え方は融通がきかなすぎるようにも感じますが、逆に憶測で判断されてしまうと不当なケースもうまれてしまうので、公平で迅速に判断するという意味で採用されている方式なので、ルールに従い書類をしっかりと作成しましょう。作成後は提出するまえに弁護士に最終確認をしてもらえば良いです。
 
 
交通事故の後遺障害の認定を受けると一口に言っても、等級制度をとられているので、何級に相当するかによって、自賠責にしろ裁判基準にしろ、想定される金額が大きく変動します。
 
そこでまずは、医師の診断結果も重要な要素となるわけですが、担当した医師や検査結果により思っているより変動の幅が大きく、状況によって等級の差が出来てしまい、場合にとっては適正ではない等級に設定されてしまうこともあります。
 
このようなケースは避けたい限りですが、交通事故後に個人でこれらをすべて把握することは非常に困難であり「本当にこれが妥当か?」と考えると不安が募るばかりで正しい結果か判断しにくいでしょう。
 
そこで活躍するのが弁護士の存在。彼らにお願いすれば、再検査や書類のチェックをしっかりと行ってくれるので、より適切な投球を取得することができます。
 
まずは後遺症の中でも後遺障害と認められることが肝心ですが、後遺障害と認められる事と等級の決定はほぼ同時といってもいいので、最初から弁護士に相談して事柄をすすめたほうがよいでしょう。
 
等級認定は、原則として書面主義であり、ほとんどの場合書類のみで審査されるので、書類に記載されてないことは全く考慮してくれません。たとえば「左利きなのに左手を負傷した」ということも情報がなければ、判断してくれないという事ですから、書類のチェックもしっかりするべきです。"


ImgTop19.jpg

東大阪交通事故・後遺障害無料相談室

弁護士紹介


事務所紹介


事務所の特徴

弁護士費用


無料相談


アクセス


布施駅徒歩30秒 06-6728-0707
交通事故による骨折について
2整骨院・接骨院・鍼灸院の先生方へ.docx.png 
サイドカラムバナー「交通事故の状況別対応方法」.png

Contents Menu

200jikoask.png

staticmap.png
東大阪法律事務所 事務所サイト 東大阪法律事務所 債務整理サイト 東大阪法律事務所 離婚サイト 東大阪法律事務所 会社整理・破産サイト